多樂スパイス
ホーム > ブログ【多樂スパイス】

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

海と1年を振り返る
2010.12.29
 今年1年間を海とともに振り返りたい。 「海はどんな1年だった?」 「私自身は何も不自由ありませんが、世の中のことを考えると滅入ってきます」 「これ以上ないっていうくらい、極楽生活に見えるけど」 「それは大きな勘違いというものです。寝て食べて甘えているだけじゃないのですよ。今までにも何度かこのブログでコメントさせていただいたけど、この国の行く末を案じているんです。私は今10歳だから、生きてもあと15年でしょう? でも、あなたたち人間は大変ですよね」 「25歳まで生きる気?」 「まあ、失礼ね。私の先輩のマリリンは21歳7ヶ月生きたでしょう? あんなに性悪オバサンだったのに。それなら私は25年は生きるつもりです」 「それはそうと、やっぱりこの国の政治が悪いということか?」 「…続きを読む
 
破綻後を考えよう
2010.12.25
 来年度予算が決まった。 史上最大の規模だ。昨年に続き、国債が税収を上回っている。今朝の新聞を読むと、「もう、限界」という記事が踊っているが、そういう論調の記事は10年くらい前から読んでいる気がする。 私は数年の後、日本のシステムは破綻すると思う。「思う」ではなく、「100%破綻する」と言っていい。民主主義である以上、改善するのは不可能だ。いや、民主主義であっても、アメリカやヨーロッパの一部の国々はうまくそれを手なづけているが、日本人は民主主義を勘違いしているからこの制度のまま自力回復することは不可能だ。 だから、そろそろ破綻後のことを考えて、覚悟を決め、それに対応することを考えるべきである。 まず自衛隊を各都道府県に配置し、強権発動に対する暴動に備える。その上で、それま…続きを読む
 
自然のありようを自己のありようとする
2010.12.21
 今、世の中は人間万能主義に陥っていないだろうか。つくづくそう思うことが多くなった。 たしかに人間の知恵は素晴らしい。有史以来のたゆまぬ努力によって、人類は大きく発展を遂げてきた。宇宙にも行けるようになったし、クローン動物も作れる。 しかし、相変わらずバカなことをし続けているというのも事実だ。人間同士の殺し合いなどその最たるものだろう。 「万物斉同」という言葉がある。万物はすべて同じという意味だ。 それも一理あるが、最近私は植物こそこの地球上の最上位にいるものだと感じるようになった。人間でもなく、他の動物でもなく、植物。 なぜなら、植物だけが地球という惑星生命体と直接つながっていて、万物を育んでくれる大元だからだ。「無為自然」とは植物のありようにこそあてはまる。 だから、…続きを読む
 
上達することはいいことか
2010.12.17
 この時期になるとあちこちにクリスマスイルミネーションが現れるが、いったい何が楽しくてあんなものをつけるのか、というのが偽らざる気持ちだ。もちろん、人が楽しんでいることにケチをつけるつもりはない。しかし、「なんで?」という気持ちは年ごとに大きくなっていく。あんなものを見てキャーキャー騒ぐより、月を見なさいと言いたいが、多勢に無勢なので言うのはやめる(すでに言っている?) 我が家でも子どもが小さかった頃はクリスマスのイベントをしたが、娘が大きくなって、「サンタさんはじつは親だった」ということがバレてからはクリスマスに何かをする意味がなくなったので、以来、なにもしていない。 「それでクレームはないの?」と言ってくれる人はいるが、高久家の一員を長年やっていると、「どうしてウチは…続きを読む
 
音楽でビンタをくらう
2010.12.12
 音楽とはかくも凄まじいものだったのか! 強烈な往復ビンタをくらったような衝撃的な体験だった。 先日聴いた東京シティ・フィルの定期演奏会。指揮はオーボエの第一人者・宮本文昭。演目はブラームスのピアノ協奏曲第1番と交響曲第1番。 ときどき、完璧なまでに壮絶で美しい演奏に出くわすことがあるが、大半は中堅のオーケストラだ。目指すものがあるからだろうか。とにかく、安住していないオーケストラはまれに刮目するような演奏をする。 サッカーの名門チーム・ACミランが数年前、世界ツアーと称した興業をやっていたが、試合内容はといえば、緊迫感に欠けるふざけたものだった。それと同じで、どんなに一流のオーケストラであっても毎回完璧なパフォーマンスはできない。だから、大枚はたいて一流のオーケストラを…続きを読む
 
Recommend Contents
このページのトップへ