人の数だけ物語がある。
HOME > インタビューブログ

Introduction

人の数だけ物語があります。本欄では、月2回、インタビュー形式でさまざまな物語を紹介します。

Interview Blog Topics

学びがすべてを変えてくれる。
Vol.22文筆家・詩人神谷真理子さん
 『Japanist』の取材記事や絵本の物語制作など、フリーの文筆家として活躍する神谷真理子さん。詩集『たったひとつが美しい』は多くの読者を獲得し、魅了した。 学びによって人生が180度変わったという神谷さんに、その過程を聞いた。フリーペーパーとの出会いによって、人生が180度変
 
その時できる最高の物を造るのが職人なんです
vol.21総合建築設計施工 大工の田中田中進一さん
田中さん
 大工歴34年、請け負う仕事のほとんどを一人でこなす田中進一さん。確かな技術とお客様の理想にそったアイデアの提案で仕事の依頼は絶えることなく、全国でその腕をふるっています。 これまでの道のりや、仕事に対する思い、職人としてどうあるべきかを語ってもらいました。職人としての自分と経営
 
なにげない風景の中にある美しい姿を撮りたい
vol.20カメラマン藤間久子さん
『Japanist』の巻頭で「花のきもち」を連載している藤間久子さん。「花の表情が生き生きしている」と評判です。 カメラマンになる経緯を含め、写真に対する思いを語ってもらいました。自然の移り変わりに魅せられて。心おもむくままに……写真に興味をもったきっかけは何ですか。 昔から草花
 
興味があるし、好きだから自然体でできるんですよね。
Vol.19IFC栄養専門学校 講師 管理栄養士齊藤正樹さん
齊藤さん
学びたいことが生まれた齊藤さんは管理栄養士の資格を持ち、現在はIFC栄養専門学校で講師としてご活躍されています。いつ頃からその道を目指そうと思ったのですか。 大学は工学部に進み、卒業して薬剤の実験を行う会社に就職し、2年ほどそこで働きました。ちょうどその頃、健康情報を中心としたテ
 
その人や風景の背景にあるものまで、アナログ感覚で写したい。
Vol.18株式会社アマノスタジオ代表森日出夫さん
 『Japanist』の巻頭対談の写真でおなじみの写真家・森日出夫さん。アート写真家として、コマーシャルフォト写真家として、横浜を拠点に活動を続けている。 森さんの写真に賭ける思いを聞いた。デジタルカメラを使っていても、デジタルだと思っていない。森さんが写真に興味をもったきっかけ
 
世の中を変えるためには、お金の流れを変えていくこと。
Vol.17四季リサーチ株式会社代表 渡部清二さん
 日本株を推奨する四季リサーチ株式会社の代表を務める渡部清二さんは、『会社四季報』を完全読破する男として知られている。「四季報」読破も20年目となり、79冊に及ぶ。日本が良くなるために、自分ができることをしたい。なぜ『会社四季報』を読もうと思ったのですか。 野村證券時代に先輩から
 

SPONSORED LINK

Recommend

Recommend Contents
このページのトップへ