人の数だけ物語がある。
HOME > インタビューブログ

Introduction

人の数だけ物語があります。本欄では、月3回、インタビュー形式でさまざまな物語を紹介します。

Interview Blog Topics

知られざる偉人たちのドラマを映像にしたい。
Vol.14映画監督馬場政宣さん
10年前の2007年、初めてメガホンを取った短編映画『千代のお迎え』が第79回アカデミー外国作品賞の最終10作品に選ばれました。映像制作に魅せられて映画監督になろうと思ったきっかけを教えてください。 きっかけは大学時代の教授との出会いです。 もともと翻訳に興味があって、上智大学の英文科に通っていたん
 
経験をしっかりと自分の糧にすることが大切なんですよね。
Vol.13NPO法人飛山城跡愛護会 理事長菊池孝治さん
菊池さん
飛山城史跡公園菊池さんは飛山城史跡公園でNPO法人飛山城跡愛護会の理事長としてご活躍をされています。栃木県宇都宮市にある飛山城はどういったお城だったのでしょうか。 飛山城は鎌倉時代の後半に芳賀高俊によって築かれたと伝えられています。約300年間も続いたお城なんですよ。豊臣秀吉の命で破却されるまでは芳
 
悩めるニンゲンたちに、ネコの知恵を授けたい。
Vol.12うーにゃん先生
自分の人生の「主人公」になり、「今」に心を傾ける まったくうちの代表も困ったものだ。いきなり「次のインタビューブログは、うーにゃん先生にするから」だなんて。うーにゃん先生って、ネコでしょう? 人の言葉がしゃべれて、禅だかなんだかに詳しいって噂だけど、ネコなんかに話を聞いて、いったいどうしろっていうの
 
自営でお店をやっていると、自分が軸なんだなってつくづく思います。
Vol.10カフェ・ケイティー 中村淳一さん・麻子さん
いろんな人が交わる場所 『Japanist』の編集拠点「Chinoma」の真下にある「カフェ・ケイティー」は、驚くほど美味しいコーヒーを出してくれる、いまどき珍しいカフェ。しかも、全席禁煙です。 パリのカフェがサロンになったように、この店には多士済済、さまざまな人が集い、味わいのあるひとときを過ごし
 
その時にしかできないこと、感じることを大切に
Vol.09ゲルタイス菜々さん
世界の貧困を目の当たりにして現在、スイス人のご主人とスイスで暮らす菜々さん。以前務めていたJICA(国際協力機構)では、貧困問題に取り組み、国際支援にかかわっていたということですが、なぜ貧困問題を? 10歳のときに家族旅行で行ったフィリピンのマニラでの出来事がきっかけでした。そのときに見た光景があま
 
“癒し”の時間と空間を創りたいんです
Vol.08美容室kochi オーナー横井英之さん
横井英之さん
絶対に3年は続けるなぜ、美容師を目指そうと思ったのでしょうか。 ファッション関係の仕事に就きたかったのです。なんとなく将来を考えた時に資格があるものがいいなと思いました。ファッション関係で資格が必要な職業は何かと考えたら、やっぱり美容師かなって。美容室で働きはじめて、どういったところに難しさを感じま
 
Recommend Contents
このページのトップへ