日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、
一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。
“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

地震のときになぜ大地が揺れるかではなく、普段なぜ大地が揺れないかを考えよ
三浦梅園
 江戸中期の自然哲学者、三浦梅園の言葉である。本職は医者であった。抽象的な概念を駆使した梅園の思想は、あまりに独創的すぎてほとんど理解されなかったという。中国哲学や日本史の専門家などがこぞって研究したというが、梅園の思想哲学はそのどれにも当てはまらず、研究者たちもお手上げだとか。難解だという著書『玄
 
愛とは、相手の存在が、あなた自身を愛させてくれることだ
平野啓一郎
 至極の恋愛小説『マチネの終わりに』の著者、平野啓一郎氏の言葉を紹介。以前は小説からの抜粋だったが、やはり知的恋愛小説の名手(?)だけにあって、素顔の平野氏の恋愛観や人生観には深く頷くところが多い。この言葉は著書『私とは何か「個人」から「分人」へ』から抜粋した。  この言葉には続きがある。「愛とは、
 
これしかない、といういわば絶対的な制約(不自由)のもたらす無限の自由
玄侑宗久
 再び、困った時の玄侑さん。言葉探しに行き詰まると、きまって玄侑宗久氏の著書に目がいく。何度も登場していただいて恐縮だが、ユーモアーたっぷりの氏の文章が好きなのだ。禅や仏教、あらゆる宗教はもちろんのこと、人生の悲喜交々はユーモアーに溢れているのだと教えられる。 『碧眼録』に「臂膊(ひはく)、外に向い
 
己に対して忠実なれ、さすれば夜の昼に継ぐが如く、他人に対しても忠実ならん
『ハムレット』より
 シェークスピアの『ハムレット』第1幕、第3場より、老ボローニアスの教訓のひとつ。人間とは何かを問い続け、数多くの作品を生み出したシェークスピア。人間の本質をあぶりだし、物語の登場人物にその真理を語らせる。『ハムレット』では老ボローニアスの口を借りているようだ。 「己に対して忠実なれ」。 おそらく「
 
所作を美しくすれば、心も美しくなります
枡野俊明
 曹洞宗徳雄山建功寺住職であり、庭園デザイナーの枡野俊明氏の言葉を紹介。多摩美術大学の教授でもある升野氏は、禅の教えを説いた書籍も数多く出しているが、そのどれもが現代人にもわかりやすい。枡野氏によると、禅と日常はかけはなれたものではないからこそ、伝わる人にはちゃんと伝わるし、情報化社会の現代において
 
自分の持って生まれた可能性は私の財産
鶴見和子
 社会学者で評論家であった鶴見和子の言葉を紹介。柳田國男と南方熊楠を研究し、西欧の歴史が人類の歴史だとする西欧型近代化論に対し、地域住民の土着性や創造性に根ざした「内発的発展論」を唱えたことでも知られている。77歳で脳出血に倒れたあとも、精力的に執筆活動をつづけたという。  生きていくために、お金は
 
Recommend Contents
このページのトップへ