日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 富とは造物主からの恵みであり、分別のある人がまっとうな目的のために、天賦の才を活かして生みだしたものである

富とは造物主からの恵みであり、分別のある人がまっとうな目的のために、天賦の才を活かして生みだしたものである

ウィリアム・モリス

 自然回帰ゆえか、近年、よく耳にするボタニカルという言葉。植物由来の商品やデザインが人気のようだ。

 ボタニカルと聞いて思い出すのがウィリアム・モリス。モダンデザインの父と呼ばれ、いち早く植物柄をデザインに取り入れたモリスはデザイナーであり詩人でもあった。天賦の才を発揮したモリスの言葉だからこそ、納得がいく。
 
 程度の差はあれど、人は富を求め日々あくせく働いている。
 物質的にも精神的にも、富が心の平穏に無関係ではないことを知っているから。
 
 しかし、物質的に恵まれた富者がみな幸せであるかといったら、そうとも言えない。
 莫大な財産があっても不平不満を言う人はいるし、満たされない何かを抱えている人もいる。
 地位や名誉を得たからといって、真の喜びを得られるとも限らない。
 
 では、本当の富とは何か。
 老子、辯徳第三十三に、かの有名な言葉がある。
「足るを知る者は富み、強めて行う者は志有り」と。
 解釈はいろいろあるだろうが、モリスの言葉はまさにこのことではないかと思う。
 
 ないものねだりすることなく、天から与えられた特性に気づくこと。

 その特性を磨き、生かしていけば喜びは得られる。
 この喜びこそが本当の「富」というものなのだろう。
(180804 第390回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ