日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 己に対して忠実なれ、さすれば夜の昼に継ぐが如く、他人に対しても忠実ならん

己に対して忠実なれ、さすれば夜の昼に継ぐが如く、他人に対しても忠実ならん

『ハムレット』より

 シェークスピアの『ハムレット』第1幕、第3場より、老ボローニアスの教訓のひとつ。人間とは何かを問い続け、数多くの作品を生み出したシェークスピア。人間の本質をあぶりだし、物語の登場人物にその真理を語らせる。『ハムレット』では老ボローニアスの口を借りているようだ。
 

「己に対して忠実なれ」。
 おそらく「自分自身に正直であれ」ということだろう。
 誰かや何かに忠実に尽くす前に、自分に忠実に尽せ、とボローニアスは言っているのだ。
 
 みんながこうだから、こう言っているから、と他人に迎合する。
 評価を得ることを期待したり、自分を蔑ろにして誰かのためだけにがんばる。
 それで果たして本当に自分を生きていると言えるだろうか。
 
 本心は違うのに、うわべだけを取り繕って良く見せようとしたり、他人と合わせていても、自分も相手も傷つけるだけ。
 
 世の中の常識や価値観は、時とともに移ろいゆく。
 そんなものにしがみつくのはかえって危ない。

 

 一人ひとりに与えられた時間は限りあるもの。
 本心をひた隠して生きることは、自分の時間を無駄遣いし、相手の時間を奪っているのと同じ。

 

 人と違ってもいいじゃないか。
 自分に正直に生きることは、自分も他人も大切にすることになるのだから。
 
 本心は、自分らしく、より良く、楽しい人生を歩みたいと願っているはず。
 体に異常はないか、心は落ち着き安らいでいるか。
 時には立ち止まって、自分の心と体の声に耳をすましてほしい。
(180819 第395回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ