多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 大久保公哀悼碑

大久保公哀悼碑

2010.09.15

 昨日、民主党代表選があった。

 一から十まで気にくわない。2週間にわたる選挙戦において、両陣営から発信されたメッセージはすべて「自分たちへの投票」を促すものばかりで、「どのような国家にするのか」とか「この難局をどう乗り切り、日本を立て直すのか」という視点で語られたことはただの一度もなかった。景気対策の予算をいくら増やすとか、地方に自由に高速道路を作らせるとか、子どもでも考えつくような幼稚な論戦に終始していた。

 対する党員たちも、今ここでどちらにつくことが将来の自分にとって有利になるか、という考え方で行動しているのは火を見るより明らかだった。正直言って、このまま民主党政権が続けば、まちがいなくこの国は破綻するだろう。菅氏は一見、清潔そうだが、そんなことよりも、あの政治思想が危うい。昨日の代表選の結果を最も喜んでいるのは中国であり、韓国であろう。菅の手法では中韓との友好などありえず、あるのは日本がますます矮小化し、国益を損失することばかりだ。

 では、小沢がいいのかと問われれば、もちろんそんなことはない。要するに、どっちもどっちなのだ。

 

 思えば、明治初期の圧倒的な難局を全身全霊で乗り切った大久保利通は、凄かった。小沢は、大久保の功績は伊藤博文や大隈重信の比ではないと言っていたが、それがわかっていて、どうして今のような体たらくなのだ、と問いたい。

 それはともかく、大久保利通の遺徳を偲ぶために明治政府の同僚たちが作った哀悼碑が麹町の清水谷公園にある。大久保は明治11年5月14日朝、赤坂御所へ向かう途中、紀尾井坂で暗殺された。西南戦争を片付け、いよいよ日本の基盤作りに精力を傾けん、という時の災難であった。

 哀悼碑は高さ6.27メートル。緑泥片岩でできており、裏面には「贈右大臣大久保公哀悼碑」と彫られている。

 

 深々と頭を垂れ、黙祷を捧げた。こんな国にしてしまって何も申し開きできない、と心の中で念じながら。

(100915 第191回 写真は裏側から見た哀悼碑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ