多樂スパイス

山の浄化作用

2010.08.14

 前回に続き、山について。

 ときどき思うことがある。どうして登山をする人は「いい人たち」ばかりなのだろう。山で会えば、ほとんどの人が挨拶を交わす。山小屋では、おそろしく狭いセンベイ布団がずらりと並べられたところに、老若男女関係なくいっしょに寝るが、マナーが悪くて不愉快になったことはない。時々、拡声器を使っているのではないかと思えるようなバカでかい鼾をかくオヤジがいるが、それは本人が悪いわけではない。

 ひるがえって、海ではどうだろう。面識のない人同士がすれちがう時に挨拶を交わすことは皆無にちがいない。それなのに、山では人が変わったようになる。

 どうしてか? 誰かに強要されているわけでもないのに……。

 そこで私なりの考察。

 山に行く人はもともと「いい人」なのかもしれないが、それだけではあのような態度になるはずがない。私は、山が人を良くするのだと考えている。他の言い方をすれば、「山が人を浄化する」。おそらく、山で挨拶をしている人も他の場所ではしないと思う。

 つまり、山はそういう力をもっているということだ。もちろん、海も圧倒的な力をもっているが、こと人間の精神に及ぼす力に関して、山の比ではない。

 前回も書いたが、最近、地球は、いや宇宙は生き物だと思うようになった。しかし、ふだんわれわれはそんな風に思わない。それは土や緑という皮膚に覆われていて、見えないからだ。しかし、3000メートル級の山々が連なる場所は、言うなれば生命体の肉体が露出しているようなもの。だから、人間への感化力が途方もないのだと思う。

 

 ということで、なんら確証のない「山考察」でした。

(100814 第185 写真は仙丈ヶ岳から見た南アルプスの山々)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ