多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 櫻井よしこさんの講演

櫻井よしこさんの講演

2010.06.26

 「ネコがやたらと出てくると思ったら、こんどは有名人とのツーショットかい。いつも偉そうなこと言っているけど、本当はただのネコ好きのミーハーなんじゃないの?」

 

 ごもっともでございます。

 だって、櫻井よしこさん、好きなんだもーん(と開き直る)。

 

 去る6月19日、栃木市で櫻井さんの講演があるのに先だって楽屋を訪ね、少しばかり話をする機会を得た。昨年6月、『Japanist』の取材でお会いしてから、ちょうど1年経っている。

 講演の時もそうだが、櫻井さんは常に薫風漂うがごとく清々しい。濁りがまったく感じられないのだ。どんな人も長く「人間」稼業をやっていると、多かれ少なかれ世間の変な垢がついてくるのだが、そういう類のものが一切感じられない。なぜ、そういう空気を保ち続けられるのか、世界の七不思議のひとつである。

 ところが、いざ話し始めると、薫風が熱風に変わる。しかも、優雅な熱風だ。

 その日の講演は、民主党政権の危うさから始まった。鳩山さんは最後まで「バカボンボン」という表現でしか呼んでもらえなかった。

(例文)「母親から毎日50万円もらうしか能がないバカボンボンがとんでもないことをしてくれた」

 もちろん、国益を大きく損ねたわけだから、まして贈与税を免れようとしたのだから、それは仕方がないことだ。

 次いで、中国の脅威についてかなり詳しく述べられた。中国の覇権主義について、である。

 不幸にも、間近に位置するという地政学上、日本は中国の覇権主義に無関心ではいられないはずだが、政治家も外交官も現実認識があまりにも欠落しているため、目の前に迫っている脅威をまったく感じていない。私もある程度はわかっているつもりだったが、認識が甘かったことに気づいた。竹島がそうであるように、近い将来、尖閣列島も実行支配されることになるだろう。そして、次は沖縄……、と言うと、「そんなことはありえないよ」と反論する人がいるが、熾烈な外交の実態を知らないだけなのである。戦後、ずっと他国に安全保障を委ねてきたツケがそろそろやってくるかもしれない。

 講演の最後は、「夏の参院選でどの党に投票すべきか、教えます」と前置きをして、「日本創新党です」と断言し、その理由を語った。

 我が意と得たり! と膝を百叩きしたことは言うまでもない。

(100626 第176 楽屋で櫻井よしこさんと)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ