多樂スパイス

12×5=60

2019.03.27

 私は亥年生まれ。今年、5回目の歳男を迎えた。ということは、12×5=60。え? 60歳? 信じられな〜い(と声が裏返る)。

 一昔前なら、赤いチャンチャンコかなんかを着せられて「はい、終わった人」の烙印を押されたのにちがいない。しかし、人生100年時代のいま、いいのか悪いのかわからないが、還暦くらいは洟垂れ小僧でもある。

 一区切りの年にふさわしく、今年は「終わり」と「始まり」がいくつも交差している。1月に発行した『Japanist』は10年間のピリオドとなったし、これまでの集大成ともいえる『葉っぱは見えるが根っこは見えない』も無事刊行した。

 一方、新しく始まったものもある。全国47都道府県のすべてを回って、それぞれの〝宝物〟を再発見しようという試みもそのひとつだし、その他諸々……。

 

 ところで、東京駅のドームに十二支のレリーフがあることを知っている人も多いだろう。じつはあれ、方角を表すために作られたらしい。つまり、丑は北東、寅は北東、辰は南東、巳は南東、未は南西、申は南西、戌は北西、亥は北西を表す。あのドームは八角形だから、4つ省かれている。それが卯、酉、午、子で、それぞれ東西南北を表すらしい。東京ステーションギャラリーの入り口近辺に、修復前に使われていたレリーフが展示されているが、そこに我がイノシシ君がある(右上写真)。

 去年の秋だったか、イノシシに襲われて人が亡くなった。あの猛進をまともに受けたら命はない。

 私もしばらく突っ走ろうと思う。もちろん、人を襲うつもりはない。

 

 ※うーにゃん先生、自己啓発セミナーに物申す。

うーにゃん先生流マインドフルネス「日々の生活が人をつくる」

40話 うーにゃん先生「日々の生活が人をつくる」

 

「美し人」公式サイトの「美しい日本のことば」をご覧ください。その名のとおり、日本人が忘れてはいけない、文化遺産ともいうべき美しい言葉の数々が紹介されています。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(190327 第888回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ