多樂スパイス

ADVERTISING

美し人
美し人

文学の薫る街

2016.02.06

鎌倉文学館 前々回に続き、鎌倉ネタを。

 自分でも意外だが、初めて鎌倉文学館を訪れた。
 まず、ロケーションも建物も、文学をテーマとした記念館としては申し分がない。元々、加賀・前田家の系譜につながる侯爵家の別荘だった屋敷を使っているのだから、さもありなんだ。大戦後は、デンマーク公使や佐藤栄作元首相が別荘として使用していたこともある。三島由紀夫の『春の雪』に登場する別荘はこの建物をモデルにしている。
 展示室には鎌倉ゆかりの文学者の直筆原稿や書簡、愛用品などが展示されている。鎌倉にゆかりのある文学者の一覧表があったが、「こんなに多くの作家が住んでいたのか!」と驚くばかりだ。海や山があって歴史があり、都心にほど近い上に静かな環境であることが創作に適しているからだろう。「文学都市かまくら」とあったが、じゅうぶん納得できる。地方自治体のPR物にありがちな、〝名前倒れ〟になっていない。
川端康成旧居 かなり前から「地方の時代」と言われている。本サイト内の「ちからのある言葉」でも、リンゴ農家の木村秋則氏の「植物が成長するためには、葉っぱはなくてはならないのな。植物は根からの水と養分、それに葉っぱからのでんぷんがないと育たない。だから、葉っぱがないとやがて枯れていく。葉っぱは末端でしょう。末端というのは地方のこと。地方がきちんと成長しないと、幹も生長していかないのな」という言葉を紹介しているが、その「地方」もただ漫然とあるだけではダメだ。どのようなところにするのかという理念がなかったら、その他大勢の自治体と変わらず、都市間競争、地方間競争に後れをとることになる。
 そういう点で、毎年行われている地方自治体ブランド力ランキングはかなりの割合で実態を表していると思う。下位に沈んでいる自治体は、根本的に理念の再構築を図るべきだというシグナルでもある。
(160206 第613回 写真上は鎌倉文学館、下は川端康成旧居の表札)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ