多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 『The Essence of Japan』とネコ

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

『The Essence of Japan』とネコ

2014.08.24

漆の皿とランチョンマット ひとつの集大成がもうすぐ完成する。これまでの『Japanist』の記事のなかから、42篇を選りすぐって編集したもの、『The Essence of Japan』である。A4判、オールカラー512ページ、ハードカバーで化粧ケースはエアロコンセプト製。限定1,000部で化粧ケースにはシリアルナンバーが刻印されている。

 今年の4月から編集作業を続けてきた。当初は、一度誌面にした記事だからまとめるのは簡単だろうと高をくくっていた。しかし、始まるや、さまざまな課題に直面した。なにより、数ある記事のなかから42篇を選ぶのは想像以上に大変だった。政治的な内容の濃いもの、エッセイ的なものを省き、人物紹介に絞り込もうと思ったのだが、それぞれにユニークな記事ばかりである(と自画自賛)。
 内容は、4部構成となっている。第1章は芸術家を紹介する「Japanese Artists」。第2章は中田宏氏をホストとして連載している対談記事「Discussions About Japan」。第3章はリーダーを紹介する「Japanese Leaders」。第4章は独自の生き方を貫いている人を紹介する「Living the Japanese Way」。
 完成は10月初旬を目指している。完成が近くなったら、あらためて紹介したい。

 

 久しぶりに我が家の天才ネコ「海」に登場願うことにした。
見上げる海 先日、ある出版プロデューサー・S氏が我が家に来訪し、仕事の話を進めているとき、海が姿を現した。S氏の前を平然と通り過ぎ、ふと振り返る。まさしく「見返り美人」の構図だった。計算し尽くした媚態だったのだろう。
 S氏は一瞬にして恋に落ちたようだ。目がハート型になり、点滅している。
「可愛いネコちゃんですね」
 はじめは社交辞令かと思った。自慢ではないが、海はどこにでもあるキジトラの毛皮を着ている。しかし、S氏は執拗に海を凝視している。
 翌日、送ってきたメールに次のような文面があった。
──可愛いネコちゃんですね。
ネコちゃんと目が合ったとき、私は恋におちました。これから高久さんと打ち合わせをするときは、「ぜひ千駄ヶ谷で!」と、お願いしたいです。
海の足15歳ですから、人間年齢では70歳過ぎでしょうか。
「いえいえ、歳の差なんか!」
哺乳類として、この恋、貫きます!!!

 うーん、哺乳類として恋を貫かれても困るのだが……。けっして嫁に出すつもりはないことをここに明言しておきたい。
(140824 第519回 写真上は『The Essence of Japan』の表紙に使用する写真。下二枚は海。手がたまりませんね)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ