日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

何の天分もない人間は、ただのひとりもこの世におらん
宮本輝『流転の海』より
宮本輝が36年の歳月を経て描き続けた『流転の海』シリーズ、第一部からの抜粋である。激烈な存在感で読者の心をわしづかみにする主人公、松坂熊吾のセリフだ。熊吾は著者自身の父親がモデルだという。理不尽極まりない、わがままで女好きの熊吾。戦後の日本には、こんな男たちがたくさんいたんだろう
動き続ける世界の変化を凝視し、自己と世界との関わりを絶えず創造していくのが「立命」という最高の生き方だ
玄侑宗久
またまた困った時の玄侑さん。どのページを開いても、どこを読んでも、禅的思想であるのが胃の腑に落ちる。禅僧だから、あたりまえか。しかも作家だし。まじめな話も、いちいちおもしろい。 その心を尽くす者はその性を知る。その性を知れば則(すなわ)ち天を知る。その心を存し、その性を養うは、天
風景は思想だ
堀文子
今年2月、100歳の長寿をまっとうして旅立った日本画家の堀文子さん。いのちを描き続けた彼女の言葉をふたたび紹介しよう。41歳で夫と死別して以来、一人で世界中の各地を旅しながら絵を描き続けた孤高の画家は、文才も並外れて卓越していた。画文集「命といふもの」からの抜粋である。 戦後、様
自己評価をしっかり持っていれば、どんな場合も人の言葉に振り回されずにすむ
カール・ヒルティ
何度か紹介したことがある。『幸福論』でおなじみ、カール・ヒルティの言葉をふたたび。「幸福とは与えられるものではなく、自らが感じることだ」と多くの幸福論者は説く。なかでもヒルティは、観念論に終始することなく、具体的な実践によるアプローチで幸福へと導く。 人はひとりでは生きていけない
正義の反対は悪なんかじゃないんだ。正義の反対は「また別の正義」なんだよ
野原ひろし
史上最強の幼稚園児「クレヨンしんちゃん」こと野原しんのすけのとーちゃん、野原ひろしの名言を紹介しよう。この子にしてこの親あり。「きれいなおねいさん」が大好きで、足裏はモーレツに臭くとも、愛する家族のためなら死をも厭わない。ここぞという時に頼りになる「最強のとーちゃん」は、数多くの
平凡なことは非凡なことよりも価値がある
チェスタトン
ブラウン神父の推理短編シリーズで知られる、G・K・チェスタトンの言葉である。著書『正統とは何か』の中に出てくる。カトリックに改宗してからのチェスタトンは、世の中に流布する大衆的思想への警句や逆説を唱えた。この言葉もそのひとつ。この言葉には続きがある。「平凡なことは非凡なことよりも

SPONSORED LINK

Recommend

Recommend Contents
このページのトップへ