日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 人生は私たちが人生とは何かを知る前にもう半分過ぎている

ADVERTISING

人生は私たちが人生とは何かを知る前にもう半分過ぎている

ウィリアム・アーネスト・ヘンリー

 ネルソン・マンデラ大統領が27年間の投獄中に心の支えとしていたという詩『インビクタス』。不屈を意味するこの詩を書いた詩人、ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの言葉だ。
 
 ウィリアムは言う。
 

 ――すべての神に感謝しよう
   不屈の魂を授けてくれたことを
   ……

   運命に打ちのめされ
   血を流しても
   決して屈伏はしない

   ……
   我が運命を決めるのは我なり
   我が魂を征するのは我なり
 

 50年にもおよぶ南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離)政策。 
 その解放運動を先導したとして国家反逆罪に問われ、終身刑となって投獄されたネルソン・マンデラは、獄中でこの言葉を唱えつづけた。
 そして27年間の投獄の後、黒人初の南アフリカ大統領に就任した。
 2013年12月、93歳でこの世を去った彼の魂は、きっと勝利を手にして天上に向かったにちがいない。
 
 彼は知り過ぎるほど知っていたことだろう。
 人生の早い段階で、人生とは何かを。
 少なくとも人生には必ず終わりがあることや、運命を決定づけるのは自分自身であることは気づいていたはずだ。
 
「生きることの栄光は失敗しないことではなく、失敗するたび起き上がることだ」と言い遺しているのだから。
 
 時間はあっという間に過ぎてゆく。
 なにをしても、しなくても。

 

●知的好奇心の高い人のためのサイト「Chinoma」10コンテンツ配信中

 

●神谷真理子(本コラム執筆者)公式サイト「ma」

 

●「美しい日本のことば」連載中

 今回は「美人」を紹介。美人=姿形の整った見目麗しい美しい女性。これが一般的な「美人」のイメージでしょうか。続きは……。

●「日日是食日」連載中

(210301 第705回)

ADVERTISING

ココロバエ

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ