日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 水の漏る小さな穴が巨船を沈める

ADVERTISING

水の漏る小さな穴が巨船を沈める

ベンジャミン・フランクリン

 アメリカ合衆国建国の父のひとり、ベンジャミン・フランクリンの言葉だ。政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者と、さまざまな顔を持つのも、勤勉で探究心が旺盛だった証だろう。
 
 ベンジャミン・フランクリンのいう巨船を沈める小さな穴とは、僅少の失費のこと。
 つまりは「無駄遣いをつつしみなさい」と言っているのだ。
 気づかないうちに、すっからかんになって大変なことになるよ、と忠告している。
 
 金銭といえば、どうやら浪費家と節約家では、お金の見え方は違うらしい。
 浪費家で有名な文豪バルザックが言うのだから、おそらくそうなのだろう。
 短編小説『鞠打つ猫の店』の中で、こう本音を漏らしている。
 
「浪費家には金は丸いが、節約家には平らなのだ」
 
 浪費家にとってはお金は丸い玉で、コロコロ転がってどこかへ消えてしまうものだが、節約家にとってはせっせと積み上げられる平らなものだ、と。
 なるほど平らなレンガであれば、頑丈でなおいい。

 
 巨船を沈没させるのは、なにもお金に限ってのことではない。

 どんなことも、最初は小さなことからはじまる。
 
 巨大な船が小さな穴ひとつで海に沈むように、表面上は問題のないように見えることも、わずかな綻びから崩れてしまうことがある。
 

 些細なことは気づきにくい。

 とりわけ巨船であればあるほど、ちいさな穴には気づかない。

 

 取り返しがつかなくなる前に、よくよく注意していよう。
 なにごとも大事は小事より起こることを、いまいちど忘れないよう心にとめておきたい。

 

●知的好奇心の高い人のためのサイト「Chinoma」10コンテンツ配信中

 

●神谷真理子(本コラム執筆者)公式サイト「ma」

 

●「美しい日本のことば」連載中

 今回は「風琴(ふうきん)」を紹介。風琴とは、オルガンの和名です。器官という意味のオルガン(organ)は、パイプ菅に空気を送り込んで音を出すことから、パイプオルガンとも呼ばれます。続きは……。

●「日日是食日」連載中

(210225 第704回)

ADVERTISING

ちからのある言葉
魂の伝承

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ