日々是食日 体と心が喜ぶ食の話
HOME > Chinoma > 日々是食日 体と心が喜ぶ食の話

ADVERTISING

ココロバエ
禅ねこうーにゃんのちょっとした助言

日々是食日

食べることは生きること。生きることは、心と体が感じて動くこと。
体の声に耳をすませば、きっと応えてくれるはず。
日常のなかにあふれる喜怒哀楽をスパイスに、心と体が喜ぶご飯を召し上がれ。(テキスト/神谷真理子)

Topics

2021.09.26
最近というか、ちょっと前から気になっていることがある。それは、「若者たちに早口の人が多い」ということ。「どうしてそんなに早くしゃべるの?」と言いたくなるほど、彼らは一様に早口でしゃ…
2021.08.20
「ときどき、スランプはやってくる」というくだりで始まる川上弘美さんのエッセイに、我が意を得る思いがした。『へへん』というタイトルのそのエッセイは『晴れたり曇ったり』というエッセイ集…
2021.07.31
今年の夏はスポーツが熱い!と、どこかのキャッチコピーのような興奮が続いている。もちろん、東京オリンピックだ。連日のメダルラッシュは言うに及ばず、それ以上に、選手たちの健闘ぶりに心が…
2021.06.30
先週、半年ぶりにお茶のお稽古に行ってきた。前回は12月、年が明けたあとは自粛規制で休みになったり、再開しても仕事の都合で行けなかったりと、ずいぶん無沙汰をしてしまった。茶室の姿も冬…
2021.06.02
「ムクドリの巣を、あのカラスが狙ってるんですよ。親鳥がギャーギャー威嚇してるでしょ?あの一羽だけがしつこくてね」突然、後ろから声がした。振り返ると、犬の散歩中だったおじさんが立ち止…
2021.04.27
今年もやわらかな緑の風薫る季節になった。ちょうど去年の今頃はマスクを強いられて間もない頃で、人を避けながら恐る恐る早朝に近くの野鳥公園まで散歩に出かけていたものだ。それが今となって…
2021.03.08
ある日の夕暮れどき。買い物から帰る途中に、幸福を絵に描いたような光景をみた。まだ3歳くらいだろうか。「ちびっこ」という言葉がぴったりな三つ子ちゃんたちが、小さなリュックを背負い母親…
2021.02.06
自分が飽き性だと思っていたのは、どうやら勘違いだったようだ。いや、正しくは、ある部分においては飽きっぽく、ある部分ではかなりしつこい。これと思ったら、ずっとそれ。食べ物も洋服も、選…
2021.01.14
それまでたいして気にもとめなかったことが、ある日突然、気になって仕方がないということがある。いつも側にあってよく触れていたものなのに、ある時ふと、それが特別な輝きを放つ宝石になって…
2020.12.13
ある日の午後、わが家にイキのいい真鯛がやってきた。初秋だったろうか。ようやく樹々も色づきはじめたころだった。玄関口で真鯛はぎょろりと眼を剥き、こちらを上から下から舐めるように観察す…

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ