日々是食日 体と心が喜ぶ食の話
HOME > Chinoma > 日々是食日 体と心が喜ぶ食の話

ADVERTISING

本物の真髄(電子版)

日々是食日

食べることは生きること。生きることは、心と体が感じて動くこと。
体の声に耳をすませば、きっと応えてくれるはず。
日常のなかにあふれる喜怒哀楽をスパイスに、心と体が喜ぶご飯を召し上がれ。(テキスト/神谷真理子)

Topics

2022.04.09
2ヶ月ほどまえから早朝散歩を再開した。といっても、毎日ではない。歩く道も以前とはちがう。まえは草木の生いしげる野鳥の森へ行っていたが、今度は真逆の河川敷である。堤防わきのそこは、歩…
2022.02.28
「消えろ!消えろ!消えてしまえ!」何度そう叫んだことか。また、アイツがやってきた。おだやかに、なにごともなく、うまくやっているときに、決まってアイツはやってくるのだ。わたしをあちら…
2022.01.30
食コラムとして始まった、このコラム。回を重ねるごとに内容がどんどん食からズレてしまい、とうとうタイトルの「日々是食日」が意味をなさなくなってしまった。そこで今一度、内容とタイトルを…
2021.12.28
今年も残すところあとわずか。毎度のことながら、あっという間の一年でした。振り返ってみると、なかなか悪くない一年だったように思います。もちろん悪い(かもしれない)ことはあったけれど、…
2021.11.19
秋の夕日に、山も街もすっかり紅葉が照り映える今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。コラムもすっかりご無沙汰してしまいました。というのも、ひとつの仕事にかかりきりになる性分…
2021.09.26
最近というか、ちょっと前から気になっていることがある。それは、「若者たちに早口の人が多い」ということ。「どうしてそんなに早くしゃべるの?」と言いたくなるほど、彼らは一様に早口でしゃ…
2021.08.20
「ときどき、スランプはやってくる」というくだりで始まる川上弘美さんのエッセイに、我が意を得る思いがした。『へへん』というタイトルのそのエッセイは『晴れたり曇ったり』というエッセイ集…
2021.07.31
今年の夏はスポーツが熱い!と、どこかのキャッチコピーのような興奮が続いている。もちろん、東京オリンピックだ。連日のメダルラッシュは言うに及ばず、それ以上に、選手たちの健闘ぶりに心が…
2021.06.30
先週、半年ぶりにお茶のお稽古に行ってきた。前回は12月、年が明けたあとは自粛規制で休みになったり、再開しても仕事の都合で行けなかったりと、ずいぶん無沙汰をしてしまった。茶室の姿も冬…
2021.06.02
「ムクドリの巣を、あのカラスが狙ってるんですよ。親鳥がギャーギャー威嚇してるでしょ?あの一羽だけがしつこくてね」突然、後ろから声がした。振り返ると、犬の散歩中だったおじさんが立ち止…

ADVERTISING

Recommend Contents
このページのトップへ