日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 物事は〝できる〟という前提で考えます。

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

物事は〝できる〟という前提で考えます。

堀木エリ子

 和紙デザイナー、堀木エリ子さんの言葉を紹介。勤務先で出会った和紙職人の仕事に魅せられ、まったくの素人にもかかわらず25歳で和紙職人の世界へ飛び込んだ堀木さん。美大出身でもなく、師匠がいたわけでもない。ただ「伝統職人たちの尊い営みを伝え残したい」という情熱を胸に、和紙と自身の新境地を切り拓いてきた。その積極的な行動は「できる」という思いに支えられているという。

 

 ふと思うことがある。

 なぜ命はつながってきたのか。

 なぜ地球は何十億年も存在するのか。

 なぜ世界は危うくも今日まで続いているのか。

 破壊と創造、あるいは再生の連続のなかにあって、今も伝え残っているものにはどんな訳があるのか。

 なぜ今ここに生きているのか、と。

 

 そうしてようやくわかった。

 いまあるすべてのものは、「できる」という可能性でここまでたどり着いたということに。

 かなしくも「できない」ものは、消えていったけど。

 

「できる」ことを知るために「できない」ことを知ることは必要だし、

 だれもが「できない」から「できる」ようになってゆく。

  

 だとしたら、「できる」は「できない」で支えられているということじゃないか。

「できる」と「できない」はワンセットだけど、そのときに選べるのはひとつだけ。

「できる」と思えばできるし、「できない」と思えばできない。

 

 人生一度きり。

 こんな危うい世の中で生きていられるだけで奇跡だろうし、

 生かされているのには、なにか理由があるかもしれないから、

 堀木さんのように、気持ちひとつで広がる可能性を選んでみるのもいいのでは?

 

●「美しい日本のことば」連載中

 今回は、「雲の鼓」を紹介。雲に鼓とくれば、鬼。「風神雷神図屏風」の雷神が浮かびませんか。そのとおり、「雲の鼓(くものつづみ)」とは「雷」のこと。続きは……。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

●「日日是食日」連載中</p

200803 657回)

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ