日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > くふうや才気は、それを他に気づかせないところにあるのがいい

くふうや才気は、それを他に気づかせないところにあるのがいい

岡部伊都子

 数回前に紹介した岡部伊都子の言葉をもうひとつ。出処は同じ。著書『観光バスの行かない……』より抜粋した。彼女の審美眼にはほれぼれする。

 

 歳を重ねて気づくことがある。

 ほんとうに「すごい人」というのは、目立たない。

 人知れず、ひっそりと咲く花のように、

 日の当たらない場所で、粛々と生を謳歌している。

 

 彼らのはたらきは、けっして華美なものではないけれど、

 人を和ませ、癒やし、なぐさめ、元気をくれる。

 生き物は本来、そういう場所が好きなのだろう。

 

 若いころは、きらびやかで華やかで、突飛なものに憧れるものの、

 しだいしだいに、落ち着きのある、簡素なものに心惹かれる瞬間が多くなる。

 

 そしてまた、ほんとうに美しいと思うものは、往々にしてシンプルだ。

 モノも人も、あるいは思想、あるいは哲学。

 

 良寛の書も、利休茶碗も、スティーブ・ジョブズのiPhoneも、

 バッハもモーツアルトも、等伯もマティスも、禅も神社も、

 出汁、コンソメスープ、おむすび等々。

 

 どれもシンプルだけれど、簡単ではない。

 シンプルなものほど、複雑、難解。

 

 書も絵も料理も、どんなものも、

 すべからく足せば足すほど、まずくなる。

 しかしそれも、足してみなければわからないこと。

 

 ある人が言った。

「最初はいろんなものを足していけばいいのです。そうして、足して足して、足したあとに、無駄で余計なものがわかるのです」

 

 工夫や才気も、目につけば鼻につく。

 わざとらしいシンプルは、ほんもののシンプルには程遠い。

 

 良寛も、利休も、スティーブ・ジョブズもバッハもモーツアルトも、

 だれもかれも、みんな最初は華美だった。

 歳を重ね、経験を重ねて、はじめて気づく、シンプルの妙。

 

 唯自然は、人知れず工夫や才気を凝らし、究極のシンプルを見せてくれる。

 目立たず、静かに、粛々と生を謳歌しながら。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(190827 439回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ