日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 枯れた花が若い枝に巻きつかれる。そんな人生には拍手を送りたいですね

枯れた花が若い枝に巻きつかれる。そんな人生には拍手を送りたいですね

川瀬敏郎

 いけばなの「たてはな」と「なげいれ」の探求、創作に邁進する花人、川瀬敏郎氏の言葉だ。「花は野にあるように」と、野に咲く花の姿そのままを切り取り花をいける。野から運ばれてきたにもかかわらず、家屋にいることを忘れたかのように、ひっそりと器に佇む花を見ると、命を慈しむことはこういうことかと感嘆する。花と言葉の写真集『一日一花』から抜粋した。

 

 ローマングラス瓶に、ヘクソカズラに巻きつかれたタカサゴユリが一輪。

 生命力あふれる若いヘクソカズラは、老いたタカサゴユリにしっかりと巻きついている。

 まるで、ワルツでも踊るかのように。

 

 川瀬氏の手にかかれば、黒く変色したタカサゴユリも、若葉がみずみずしいヘクソカズラに慕われ、愛されているように微笑ましく見える。

 

 蔓性の植物は、そばにいる植物に巻きつき生気を奪うというが、

 ヘクソカズラは生気を奪っているのではなく、タカサゴユリから与えられているのではないかと思ってしまう。

 

 人の目の、勝手な解釈かもしれない。

 けれど、花一輪、蔓ひとすじをつぶさに見れば、命の交換の歓びがわかる。

 枯れゆくタカサゴユリは、ヘクソカズラという新しい命になって生まれ変わる。

 

 若者に慕われ、愛される年配者は幸せだ。

 長い人生で培ってきたものを、バトンタッチできるのだから。

 

 時間をかけて手に入れたものも、次につなげなければないのと同じ。

 命を分け与えるように、そばに寄り添い、頼りない命の支えとなれば、自らの命も輝くだろう。

 

 老いたタカサゴユリは、ヘクソカズラという若さをまとって輝いている。

 若い花は美しい。

 けれど、枯れた花もそれ以上に美しくなれることを、老いたタカサゴユリは教えてくれる。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(190831 440回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ