偉大な日本人列伝
HOME > Chinoma > 偉大な日本人列伝 > 「平和な社会」を突き詰めた稀代の政治家

「平和な社会」を突き詰めた稀代の政治家

第5回 徳川家康

 よもや徳川家康を知らない日本人はいないだろうが、徳川家康を好きだと公言する日本人は少ないようだ。どうしてあれほど功績のあった人物が、現代の日本人に軽んじられているのだろうか。NHKの大河ドラマなどでは必ずと言っていいほど性悪なタヌキ親父に描かれている。もし、あれが事実だとしたら、そんな人物が天下をとれるはずはないのだが、そういうことにはまったく無頓着の一方的な描き方である。

 この連載の第1回目・大久保利通の項でも書いたが、どうやら日本人が情を寄せる歴史上の人物には、ある一定の条件があるようだ。たとえば、志半ばで倒れた悲運の人(源義経、坂本龍馬、西郷隆盛など)、情の厚い人(大石内蔵助など)、負け戦と知ってあえて義を貫いた人(真田幸村など)……。石田三成の人気の理由も、その延長にあるのだろう。

 日本人として、そういう心情もわからなくはない。しかし、一方で、ある人物の功績を客観的に検証した上で、きちんと顕彰することは、後生の人間の務めではないかとも思う。

 

 徳川家康の最大の功績をあげよと言われれば、それまでの武力至上主義の社会から文治政治に変革させたということだ。明治5年に断行された廃藩置県のときもそうだが、武断社会を文治社会に切り替えるということは、猛スピードで走っている自動車を急に止めるようなもので、大きな反動は避けられない。廃藩置県の際は武士階級の不満が征韓論を生み、西南戦争に発展した。秀吉が全国を平定してゼロサム社会になると武士の働く場はなくなり、やむなく朝鮮へ出兵させることになったのと似ている。本来、武力をもった人たちの働く場がなくなるというのは、そういうことなのだ。

 戦乱の世を平定させるには当然のことながら武力が必要だが、その必要がなくなったとき、武力をもった人たちをどう処遇するか、これは極めて難しいテーマである。日本史を概観すると、そのことに成功した事例は聖徳太子による新政とその後の律令国家体制の確立、徳川家康から家光までによる幕藩体制の確立、明治初期の廃藩置県後の中央集権国家体制の確立の三つが際だっているが、稀少なケースである。世界史においてもしかりである。

徳川家康の人物像

 徳川家康に対する一般的なイメージをランダムに羅列すれば、次のようになるのではないだろうか。忍耐強い、権謀術数の策略家、冷徹なリアリスト(現実主義者)……。

『東照宮遺訓』にある有名な言葉「人の一生は重荷を負ふて遠き路をゆくが如し、急ぐべからず」は、家康の忍耐強さを、また、妻・築山殿と長男・信康が武田と通じていると信長から嫌疑をかけられたときは妻を斬り、長男を切腹させたが、そのエピソードなどは家康の冷淡さを端的に表している。秀吉亡き後は着々と布石をうち、秀吉に恩顧のある武将たちを味方につけたあたり、かなりの策略家であり戦術家でもある。そのあたりが嫌われている大きな要因なのだろうが、乱世を鎮めていくためには必要な過程だった。

 家康は天文11(1542)年、岡崎に生まれる。幼名は竹千代。

 6歳の時、今川家の人質になるため岡崎を発つが、その途上で織田軍に捕えられ、なんと織田家の人質になってしまう。その2年後、人質交換で今度は今川家へ。その後、永禄3(1560)年、今川義元が桶狭間の戦いで織田信長に敗れるまで、人質時代は10年も続くことになる。

 幼少期のこの体験が、その後の家康の人物造形に大きく影響を与えたことは想像に難くない。そのような体験をすれば、家康でなくても忍耐強くなるだろうし、人間を観察する目も養われるだろう。

 永禄6年、家康と改名し、その5年後、今川家の領地を武田信玄と分割する協定を結び、三河・遠江60万石の大名となる。

 幼年期に人質だったということ以外に、家康という人物を鍛えたもうひとつの要因は、周りに強大な勢力があったことであろう。東には戦国最強軍団を率いる武田信玄が、西には日本史上稀有の天才・織田信長がいた。彼らに挟まれながら、いかに生き延び、勢力を拡大していくか、家康は考えに考えぬいたにちがいない。並の大名なら、いずれかに滅ぼされていたことだろう。

 しかし、前述のように武田と協定を結び、織田とは同盟関係にありながら事実上、忍従した。信長との同盟関係はその後20年に及ぶが、あの天才的かつ凶暴な信長とそれほどの長きに渡って良好な関係を維持できたこと自体、ただ者ではない。

 信長の死後、風向きを見て秀吉に臣従する。秀吉が天下統一を成し遂げること、しかし、秀吉には日本全体を統治する能力に欠けていること、秀頼が全国を束ねる器ではないことなどを見抜いていたにちがいない。家康はじっと時の到来を待ったのである。「鳴かぬなら鳴くまで待とう、ほととぎす」という言葉の由来はそのあたりにあるのだろう。

 また、家康には11人の男子がいたが、長男の信康は信長の「信」と自身の「康」を、二男の秀康は秀吉の「秀」と自身の「康」を、三男の秀忠も秀吉の一字をもらっている。当時の家康の立場が子供の名前からも窺える。

 秀吉の死後、家康は満を持して行動に出る。関ヶ原の戦いは、日本を二分する戦いでもあり、まちがえば応仁の乱のごとく泥沼の内戦が長期化するおそれがあったが、わずか一日でケリがついてしまったのは、小早川秀秋の寝返りなど些末な理由によるものではなく、もっと大きな理由による、と私は思っている。すなわち、天下国家への思いの浅深であり、戦後、どのような国にするのか、という理念の有無である。家康は戦後の宏大な構想を描いていたが、三成は秀吉の遺命を守り、秀頼をもり立てるという以外の動機をもたなかった。一見、三成に義がありそうだが、少し視点を引き、全体を俯瞰して見れば家康に大義がある。あのまま秀頼が日本の国主になっていたらリーダーシップの欠如から戦乱の世が続いていただろう。第2次応仁の乱のような様相で全国に火の手が広がっていったにちがいない。そういう意味でも、西軍が敗れたのは、必然であった。一日でケリがついてしまったことは、見えざる大きな力によるものだと言ったら極端に過ぎるだろうか。

 関ヶ原の戦いで勝った3年後の慶長8(1603)年、家康は征夷大将軍に任ぜられ江戸に幕府を開く。その2年後、将軍の位を息子の秀忠に譲り、将軍職は徳川家の世襲であることを世の中に示した。そのことによって反家康勢力はさらに敵愾心を燃やすが、元和元(1615)年、大阪夏の陣で豊臣家を滅ぼし、関ヶ原の後、くすぶっていた反家康勢力を一掃することに成功する。その時点で天下一統を成し遂げたわけだが、その翌年、没する。数え75歳の生涯であった。

他人にも自己にも厳しく

 家康は武力でもって全国を平定したにもかかわらず、功労のあった武将たちから武力を取り上げた。並のリーダーであれば、まちがいなく外国へ武力を向けたことだろう。なぜなら、武士の本分は、戦で手柄をたて、領地をもらうことだからだ。国内に敵がいなくなったということは、分捕れる土地もなくなったということ。言い換えれば、その時点で武士の存在意義はなくなったに等しい。だからこそ、江戸幕府が開かれても、各地の諸将の不満は一触即発の状態だった。それらの不穏な空気をどのようにして鎮めたか、十分な分析はできないが、ひとつだけ言えることは「文治政治に切り替える」という強固な意志を貫いたことと、関ヶ原後の人材登用の妙にある。

 前者の一例は、元和元年の「一国一城令」。大名が居城する以外の領内の城郭をすべて破壊させたのである。大阪夏の陣直後に行ったことも機を制したと言えるだろう。「鉄は熱いうちに打て」の言葉通り、勢いに乗じて一気呵成に諸武将の戦力を殺いだのである。

 また後者の一例としては戦の功労者への扱いだ。家康の武力を支えてきたのは、三河以来の譜代家臣団であるが、関ヶ原後は彼ら家臣団の重用と併せ、優れた人物を抜擢した。

 一方で、文治組織が成熟するにつれ、時代にそぐわなくなった武将は取り潰しにあったり改易させられた。それまでの手柄を第一に考えるのではなく、次の世の中のために誰がふさわしいかという視点で人材を抜擢したのである。平たく言えば、戦国大名時代は軍事組織を優先させ、全国政権となってからは文治組織を優先させた。現代の政権を見ると、「しがらみ」によって、無能な政治家が要職に居座ったままというケースが少なくないが家康の人事に学ぶべきである。

 ちなみに、家康は他人にも厳しかったが、自己にも厳しかった。家康の戦績において、最も惨めな敗北は、武田信玄との三方ヶ原の戦いである。信玄が西上する際、挑発にのって野戦を挑み、完膚無きまでに叩かれた。這々の体で城に逃げ帰ると、家康はそのときの惨めな自分の姿を絵師に描かせた。ふつうの武士であれば、そんな情けない姿を後生に残すことなどしない。しかし、家康は戒めとするために、あえて恥ずべき自分を描かせ、その後の糧としたのであった。

国民が不幸ではない社会とは

 徳川家康は日本をどのような国にしたいと思っていたのだろうか。幼少期の人質時代の影響が後々まであったにちがいない。すなわち、子供が人質になどならない社会、戦争がない社会でもあり、人と人の争いがない社会である。

 そこで着目したのが、人間はどのような理由で不幸になるか、ということだった。それを突き詰めていくと、ひとつの結論に達する。人間関係だ。人間同士のあらゆる争いも経済的な破綻も、あるいは孤立に追いやられるのも、そのほとんどが人間関係に起因する。さらに言えば、病気も遠因を探ればそこに行き着くケースが多い。ということは、人間関係さえ円滑にいけば、社会の平穏は保たれる(すなわち政権も安定する)と家康は考えた。

 そこで国作りの基本に据えたのが、儒学である。儒学に基づいて、まずは家庭における親子の関係を「孝」が基本であると位置づける。ほかに長幼の序(年上の人を敬う)も基本に据えた。もちろん、年齢を重ねた人は、若い人から敬われるに足る人物にならなければいけないという社会風土も形成する。それらを徹底することによって、実際に無用な争いは激減した。子が親に孝行を尽くし、親は子に人としてのあるべき道を示す。年下の者は年長者を敬い、また年長者は敬われるに値する人物となるべく自分を律する。そういう規範が行き届けば、争いがなくなるのは当然のことだ。

 家康が聡明だったのは、そのような社会を構築するにあたり、誰もが理解できるように手本を示したことである。その代表例が後に近江聖人と言われる中江藤樹だ。中江は病床の母を看病するために脱藩して郷里に戻った武士だが、それまでの価値観であれば、武士にあるまじき行為として厳罰に処されていたことだろう。しかし、家康は、それこそ人として正しい生き方であるとお墨付きを与えたのである。さらに、林羅山信勝を側において、儒学の根本を説かせることにした(その後、林家は大学頭となる)。

 儒学が人間形成教育においてそれほど成功した事例は古今東西、ほかに類例がないだろう。幕末に日本を訪れた外国人は一様に日本人の優れた人格に驚嘆しているが、まさしく江戸期の教育の賜である。もっとも、どんなものにも功罪がある。それが明治維新を導いたというのは皮肉な話ではあるが…。

 また、家康のブレーンといえば、天海と崇伝だが、いずれも仏僧である。にもかかわらず、国を治める根本を儒学においたことに家康の深い国家観が窺い知れる。

 徳川幕府に先立つ2つの幕府と比べると、統治システムのちがいが明瞭になる。鎌倉幕府と室町幕府は武士を統治したが公家や寺社に対しては間接的にしか関わらなかった。一方、徳川幕府はすべてを統治した。身分が朝廷の上になることはなかったが、朝廷が倒幕工作できないよう、厳重な備えをしていたことは事実だ。つまり、家康は諸国の大名を屈服させるにとどまらず、公家や寺社を治めることによって、再び戦乱の世になることを防いだのである。戦国時代の僧兵などを思い起こすまでもなく、寺社は大きな戦力をもっていたし、公家が有力な武将を担いで戦を始めたこともあった。

 ところで、徳川の幕藩体制は政治システム、経済システムの両面からも現代人が学ぶべき点がいくつもある。

 まず、地方分権をいち早くやってのけたという点だ。中央集権と地方分権のバランス、それこそが幕藩体制と言われる所以だが、地方(藩)に多くの権限を委ねることによって、画一的な社会ではなく、百花繚乱のごとく多彩で多様性のある社会が生まれた。

「貨幣鋳造は幕府、紙幣(藩札)は各藩」というように、経済の振興においても中央集権と地方分権のバランスが巧妙に計られていた。

 また、東京がここまで発展したのは家康のおかげであろう。当時、江戸は湿地帯で、太田道灌が築いた小さな城があっただけの小さな都市だった。家康は日比谷から南へ一里四方を埋め立てる計画を実行し、巨大な城郭都市を建設したのである。

家康の負の面

 しかし、家康にも功罪双方あったのは否めない。戦のもとを断つためとはいえ、ある程度自由を制限したことは事実である。家康の治世をキャッチフレーズにすると「厭離穢土、欣求浄土」となるが、前者は下克上を真っ向から否定するものであり、後者は階級社会や礼儀などを礼賛するものである。そこに息苦しさを感じたとしても不思議はあるまい。ただ、それを基盤にしたことが260余年もの長きにわたって平和な社会が続いたという、世界史にも類例のない時代を築いたことはまぎれもない事実だ。

 また、移民流入、輸入超過などが重なり、自給経済へ向かったこと、情報秘匿的な社会にしたこと、外国人に対する不信感を助長したことも家康治世の負の面と言えるだろう。

 つまるところ、家康が不人気なのはドラマ性に欠けるということだ。破天荒な発想も行動もなかった。比叡山を焼き討ちしたり、人間の移動と自由な商いを奨励した信長を主人公にしたドラマは無数に描けるだろうが、家康はタヌキ親父にする以外ない。そのあたりが「地味」と言われる所以だ。

 しかし、政治家とはかくあるべきだ。すべての国民が百パーセント満足できる政策などありえない。要は、「自分はこういう社会を建設したい」という明白なビジョンがあるかどうか、だろう。

 徳川家康には、それがありすぎるほどあった。多少の欠点など、とるに足らない。

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ