多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 夢にデルヴォー

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

夢にデルヴォー

2012.09.24

「夢に、デルヴォー」というオヤジギャグそのまんまのタイトルがつけられた企画展が、府中市美術館で開催されている。ベルギーの画家、ポール・デルヴォーの企画展だ。
 デルヴォーは以前から好きな画家だった。どちらかといえば、シュルレアリスム絵画はあまり好きではないが、デ・キリコとデルヴォーは別格だ。気がつけば、絵の世界が心のなかに忍び寄り、どこか片隅に巣食っているという感じだ。
 デルヴォーの作品の前に立つと、見る者を素通りさせないなんらかの力が働くようだ。だからこそ、「夢にデルヴォー」なのだろう(それにしても、堅いタイトルが多い美術展にあって、このタイトルは笑える)。
 今回の企画展は、デルヴォーの変遷をたどる試みもある。やはり、芸の世界はすべてに共通して言えることだが、自分のスタイルを確立させることがいかに大切なことか、思い知らされる。音楽でも文章でも、はたまたスポーツの世界でもそうだ。
 ところで、若い頃のデルヴォーは、かなりの「真似しん坊」だった。
“これはセザンヌの構図を真似たな” とか、“この表情はモディリアーニだ” とか、“ルノアールの肌の色だ” などと出所がすぐにわかってしまう。当時のデルヴォーの呻吟が伝わってくるような真似しん坊ぶりなのだ。
 ところが、デ・キリコらのシュルレアリスムに邂逅してから一気に作風が変わる。おそらく、デルヴォーが生来もっていた感性が引き出されたのだろう。作品に「芯」ができたのだ。それが裸体の女性やランプ、機関車、骸骨などに象徴される「心の世界」の可視化である。
 右上の作品『エベソスの集い2』には4人の女性が描かれている。全裸が2人、上半身だけ裸が1人、着衣が1人。視線はまったく交わっていない。背景の風景も時代や場所がバラバラだ。機関車と神殿。いったい、どのようなつながりがあるのか。右側の鏡の枠は向こうの風景が透けて見えるが、じつはこの中に薄~く描かれた初老の男性がぼんやり見える。まるで別の世界を彷徨するかのようにうつむき加減で。
 謎解きをしようなどとはいっさい思わない。ただ、デルヴォーの作品の前に立ち、感じるだけ。心の中にもうひとつの部屋ができたような気持ちになる。と同時に、人間とはじつに興味深い生き物だとあらためて思うのである。
 デルヴォーは1994年まで生きた。ということは、ある時期は、同じ時代を生きたことになる。
 ついでながら、前回のこのブログで、日本人の感性について書いたが、ある意味、このデルヴォーは西洋画の典型といえるかもしれない。つまり、「自我」の発露が最上位にあるのだ。なんてったって「自分」のことが最優先なのだ。もちろん、それはそれでオモシロイのだが。
(第369回 写真は、ポール・デルヴォー画『エベソスの集い2』)
付記:右のプロフィール、更新しました。ちょっと書きすぎかなとも思えるけど……。

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ