多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 自分の人生を自分で演出する

自分の人生を自分で演出する

2016.08.09

銭湯 おもしろい人がいる。栃木県真岡市で鍼灸院を経営している大幡正志さん。

 名刺の裏に「信条…東洋思想をもって和となす」「好きなもの…小さくて古い車・紀行文・伝統食・寄席・銭湯・古き良きもの」とある。多樂塾のメンバーでもある。
 彼はときどき自分流のイベントを設ける。自宅から日本橋まで2泊しながら歩くとか、東京での勉強会が終わった後、日本橋から歩いて多摩川を越えるとか……。銭湯巡りもするし、寄席にも通う。都内で泊まる場合は、ベッドではなく布団で寝られるところを選ぶ。そうかと思うと、ブライアン・ジョーンズがいた頃のローリング・ストーンズが好きだったりと守備範囲も広い。東洋医療に従事しているのだから当然でもあるが、医療に関する独特な持論もある。
 私も同じような傾向がある。事業を始めて間もない頃、宇都宮から自転車で日光金谷ホテルまで走り、一泊して帰ってくるということを何度もやっていた。土地勘のない人はぴんとこないと思うが、宇都宮から日光までのダラダラ続く上り道を延々自転車で走るのは、そう楽ではない。一日かけてモーツァルトのピアノ協奏曲全27曲を聴き、それをエッセイに書くということもやった。『エスクァイヤ』という雑誌の目次からノンブル、奥付まで丸ごと完全読破ということもやった。
 そもそもノンブル(ページの表記)を読んでなにになるのか? もちろん、なんにもならない。広告ページで支店網が細かく表記されていたところも丹念に読んだが、各支店の電話番号を読んでいったいなにになるのか? もちろん、なんにもならない。どれも「だからなに?」というものだが、その「だからなに?」が案外好きなのである。おそらく大幡さんも「だからなに?」に取り憑かれた一人だろう。
 結局、人生を楽しめるかどうかは、自分で自分の生活をいかに彩ることができるか、その一点にかかっていると思う。それができない人は、どんな恵まれた境遇にあっても幸せを感じることはできない。
 その点、私はお得である。なにをやっても楽しいのだから。たぶん、大幡さんもそんな感じだろう。
 大幡さんはブログを毎日更新している。ぜひ、覗いて見てください。
まさ院長のブログ
(160809 第656回 写真は江戸東京たてもの園にある銭湯)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ