多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 天にも昇るような植物画の世界

天にも昇るような植物画の世界

2012.06.09

 植物画は特に好きなジャンルのひとつである。以前も、『シーボルト日本植物図譜コレクション』という本を買おうかどうかかなり躊躇していたことがあった。巻末の記録部分を除けば、わずか250ページほどの図鑑なのに7万円以上もする。これは出版社の謀略だ!などと言いながら、結局、買わずにはいられなかった。あのシーボルトが日本滞在中に集めた植物画を収めたもので、たしかに貴重である。絵そのものもいい。

 という具合に、植物画には興味があるし、近年、私の文章を読み続けている方ならすぐにおわかりだろうが、なにしろ植物の美しさに魅了されっぱなしだ。当代一と言われる女優やタレントよりも、その辺の道ばたに咲いている雑草の方が美しいとさえ思う。おそらくこの意見には、モリソン小林さんも同意していただけると思う(ですよね?)。

 さて、前回の最後にこう書いた。「かんてんぱぱガーデン内に、野村陽子植物細密画館という建物があるが、私はそこでもノックアウトをくらった。詳しくは、次回にて」

 そう、じつは野村陽子さんという画家のことはそのとき初めて知った。塚越氏も大きなインスパイアを受けられたのだと思う。なんと会社の敷地内に野村陽子さんのための美術館を造ってしまったのである。それも、個人美術館によくありがちなチンケなものではない。自らの名誉のためではなく、心の底から野村さんの絵に感嘆した様子がその建物から窺い知れる。

 野村さんの植物画はスゴイ。なにがスゴイのかといえば、根っこまで克明に描かれている作品が多数ある。どれも生き生きとし、時にどう猛な生命力さえ感じさせる。

 「な、なんなんだ! この絵は!!!」

 心の中で絶叫したことは言うまでもない。

 野村さんは美大を出ているとはいうものの、40歳を過ぎてから独学で学んだというのも興味をひいた。

 そんな野村さんの絵を展示するために、伊那食品工業の社員たちは最善を尽くしている。だって、ホラ、右上の写真を見てほしい。床が水をうったようにピカピカでしょう? 床に作品が映り込んでいるほどきれいに磨かれている。

 なんという世界だろう……。こういう人を取材せずば、なんのための『Japanist』か。

http://www4.ocn.ne.jp/~botany/

(120609 第346回 写真は村陽子植物細密画館の展示スペース)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ