日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 正しいことを言うときは、少しひかえめにするほうがいい

ADVERTISING

正しいことを言うときは、少しひかえめにするほうがいい

吉野弘

 詩人、吉野弘の「祝婚歌」で見つけた。「二人が睦まじくいるためには…」と始まるこの詩は結婚する二人に贈られる詩として有名だが、それだけにしておくのはもったいない。老若男女問わず、いい人間関係を築くうえでも時おり思い出したい詩だ。
 
「二人が睦まじくいるためには」
 

 こんな風がいいと吉野弘は提案する。
 
 たとえば、
 
 愚かでいるほうがいい
 立派すぎないほうがいい
 完璧をめざさないほうがいい
 二人のどちらかがふざけているほうがいい
 ずっこけているほうがいい
 非難することがあっても、
 非難できる資格が自分にあったかと疑わしくなるほうがいい
 
 そして、
 
 ―― 正しいことを言うときは
   少しひかえめにするほうがいい
 
 ―― 正しいことを言うときは
   相手を傷つけやすいものだと気付いているほうがいい
 
 と続く。
 
  わかっちゃいるけどやめられないのが、「他人との比較」。

  エライ人、デキル人、キレイな人、カッコイイ人……。
 
 憧れる気持ちはいいことなのに、いつからか、それが他人との比較になってしまって、比較はやがて競争になり、人より優位に立とうとしてしまう。

 親しくなればなるほどに。
 
 それはとても悲しいこと。
 せっかく出会った縁なのだから、仲睦まじくいたいじゃないか。
 
 だから、
 
 ―― 立派でありたいとか
   正しくありたいとかいう
   無理な緊張には
   色目を使わず
   ゆったり ゆたかに
   光を浴びているほうがいい
   健康で 風に吹かれながら
   生きていることのなつかしさに
   ふと 胸が熱くなる
   そんな日があってもいい
 
 と、吉野弘は提案する。
 
 そして、
 なぜ胸が熱くなるのかということを、
 黙っていてもそれぞれがわかるのであってほしい
 
 と、吉野弘は言葉を贈る。

 

●神谷真理子(本コラム執筆者)公式サイト「ma」

 

●「美しい日本のことば」連載中

 今回は「玉の緒」を紹介。「玉の緒」とは、いのちのことです。玉は魂をあらわし、緒は肉体と霊魂をしっかりつなぎとめる紐のこと。つまり、心と体がひとつになった生命体が「玉の緒」です。続きは……。

●「日日是食日」連載中

(210601第723回)

ADVERTISING

ちからのある言葉
偉大な日本人列伝

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ