日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

迷ったら迷わず原点に

松下幸之助

 経営の神様、松下幸之助翁の言葉をふたたび。取り上げたらキリがないが、ときどき登場してもらって喝を入れてもらおうと思う。「働き方改革関連法」が成立した2018年版PHP社発行の日めくりカレンダーの中にある言葉だ。働き方が大きく変わろうとしている今こそ、松下幸之助翁の力を借りたい。

 

「迷ったら迷わず原点に」

 

 この言葉の意を汲み取って添えられた文も紹介しておこう。

 

 ―― 山道で迷ったら、迷ったと思われる地点まで戻るのが鉄則。

   人生も同じ。

   迷いが生じたら、迷わず原点に戻って考えよう。

   自分のめざすものは何か。

   そこから、なすべきことがあらためて見えてくるにちがいない。

 

 信じて歩んできた道も、

 ふと立ち止まってみたときに、

「これでよかったのか」と不安に駆られるときがある。

 行き詰まりを感じれば感じるほどに。

 

 しかし、松下幸之助翁は言うだろう。

 

「万策尽きたと思うな!」

「行き詰まっても行き詰まらない」

「とにかく考えてみることだ。工夫してみることだ。そして、やってみる。失敗すればやり直せばいい」

「悪い時が過ぎれば、いい時は必ず来る。おしなべて事を成す人は必ず時が来るのを待つ。あせらず、静かに時の来るのを待つ」 

 

 行き詰まりを感じたら、とにかく原点に戻ってみよう。

 

 どうしたいのか。

 何がしたいのか。

 何はしたくないのか。

 なぜそれを選んだのか。

 なんのために、それをしているのか。

 何を大切にしたいのか。

 何を守り、何を手放すのか。

 

 そもそも何のために生きているのか。

 これからどう生きていきたいのか。

 そして、

 人生の最期を、どう締めくくりたいのか。

 

 今こそ原点回帰。

 

「迷ったら迷わず原点に戻れ。

 山は西からも東からも登れる。方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける」

 

 天から松下幸之助翁の声が聞こえてきそうだ。

 

●「美しい日本のことば」連載中

今回は、「零れ桜」を紹介。

はらはらと舞い散る桜。零れ桜(こぼれざくら)です。日本人にとって、桜はもののあわれを誘う花。続きは……。

●「日日是食日」連載中

(200415  第499回)

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ