日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 白玉は人に知らえず 知らずともよし 知らずとも 我し知れらば 知らずともよし

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

白玉は人に知らえず 知らずともよし 知らずとも 我し知れらば 知らずともよし

元興寺の僧

『万葉集』巻六・1018、元興寺の僧侶が読んだ歌である。飛鳥に創建され、のちに平城京に移された元興寺は、朝廷の保護を受けた有力な寺の一つ。ここに博識で修行も十分に積んだひとりの僧侶がいたという。優れた才覚をもちながらも世間に認められず、それを嘆いて詠んだのがこの歌だ。哀れを誘う歌だが、自分と重ねて頷くひともいるのではないか。
 
 白玉とは真珠のこと。
 貝の中にひそむ真珠は人に知られることはない。
 知らなくていい。
 だれに知られなくても、
 自分の価値は自分さえ知っていれば、
 世間に知られなくてもいいのだ。

 と、強気で自分を慰める僧侶。
 
 けれど、どんなに慰めても慰めても、諦めきれない思いがつのる。
 認められるどころか、侮られてはやりきれない。
 僧侶であっても、やはり人。
 だれかに認められたいと思う気持ちはあるのだろう。
 
 むかし、むかしの話である。
 とはいえ、人の本質は今も昔も変わらない。
 
 だれでもいい。
 人知れず努力していることをわかってほしい。
 一度はそんな風に思ったことはないか。
 
 僧侶は歌う。
 
 ――  白玉は人に知らえず 知らずともよし 知らずとも 我し知れらば 知らずともよし
 
 がんばってもがんばっても、
 だれも認めてくれないのなら、
 自分の価値は自分できめる。

 
 かつて、そうやって自分を励ましつづけた僧侶がひとりいたそうな…。

 

 彼は知らずとも、

 その努力は報われている。

 天に、「万葉集」の選者に、そして後世のひとびとに。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(200206 第615回)

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ