日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 苟(まこと)に日に新なり、日に日に新にして、又日に新なり

苟(まこと)に日に新なり、日に日に新にして、又日に新なり

「大学」より

 中国の古典「四書五経」のひとつ、「大学」の中でも比較的有名な言葉。殷の湯王が毎日使う洗面盥に刻んだ句だという。明治維新の「維新」は「維(こ)れ新たに」という意味で、この句が元になっているそうだ。松下幸之助が好んだ句としても知られている。
 
 質問。
 今朝の目覚めは、良かったですか? 悪かったですか?
 清々しく朝を迎えられましたか? 
 それとも、鬱々と重苦しかったですか?
 
 その日の良し悪しは、朝のスタートが決め手。
 良いスタートを切るのか、悪いスタートを切るのか。
 その違いが一日を左右するといっても過言ではない。
 
 では、どうすれば朝の目覚めを良くできるのか。
 それは、今日という日を新しい一日と思えるかどうか。
 

「40、50はもちろん、70、80になっても情熱を燃やさなきゃ。明日に死を迎えるとしても、今日から幸福になって遅くはない」
 
 とは、心身統一法を世に知らしめた中村天風の言。
 人生は心一つの置き所と言い、いくつになっても幸福を手に入れることはできると天風は言う。

 

 僧侶で作家の玄侑宗久氏いわく、
 「日々」を「ひび」とまとめるのではなく、「にちにち」と見るのが禅の思想。
 それが瞬間瞬間を生きるということで、常に新しい「今」と出会っているのだと。
 

 一日のスタートを良くするために、前夜眠りにつくときはその日一日をリセットしよう。

 良いことも悪いことも今日で終わり。

 明日はどんな楽しいことが待っているだろう。

 新しい自分はどれだけ成長しているだろう。

 

 昨日よりも今日、今日よりも明日と日に新たにして心身を磨いていけば、やがて想像を超える成長した自分と出会えるはずだ。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(191002 449回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ