日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 宿の春 何もなきこそ 何もあれ

宿の春 何もなきこそ 何もあれ

山口素堂

「目には青葉山ほととぎす初鰹」の句で知られる江戸中期の俳人、山口素堂の句である。学問に長け、俳諧や茶、能、歌などの芸能にも優れた素堂は芭蕉とも親交が深く、その人格も高邁であったという。詠んだ季節は当然、春だろうが、なぜかその先に連なる収穫の秋を感じさせる。

 

 ぎゅう詰めになったクローゼットに、新しい服は収まらないし、たくさん洋服を持っていたところで、着たい服が見つからないようでは、何も持っていないのと同じだろう。

 

 たくさん本を持っていても、読みたい本がなかったり、同じようなハウツー本で本棚が占領されていては、身の置き所もなくなるばかりだ。

 部屋は狭くなるし、方法論に埋もれて「自分」という存在が消えてしまう。

 

 もうお腹いっぱい、というときには何を食べても美味しくないが、

 空腹も極限に達すれば、一杯の粥も最高級のごちそうになる。

 

 人間の感覚は、満たされすぎていると鈍くなるもの。

 カラカラに乾いたスポンジが、一気に水を吸い上げるように、

 人間の身体も、空っぽになるほど五感は研ぎ澄まされる。

 

 物がじゅうぶんでなかった時代は暮らしに知恵を絞った。

 幼い子供たちは、未熟な脳をフル回転させて無邪気に遊ぶ。

 どちらも想像力という強い味方をつけて。

 

 ないからこそ、生まれるものがある。

 天下の萬物有より生じ、有は無より生ず。

 

 物も情報も溢れかえる世の中から、これというものを見つけ出すのはむずかしい。

 であれば、自分の中から探せばいい。

 身も心も空っぽになって内なる声に耳をすませば、本当に必要なものを教えてくれる。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(190929 448回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ