日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 慈悲の存在である如来や菩薩は、半眼にして情報量を少なくしておられるようです

慈悲の存在である如来や菩薩は、半眼にして情報量を少なくしておられるようです

ひろさちや

 宗教評論家のひろさちや氏の言葉を紹介。インド哲学や仏教学を学び、数多くの著書を出されているひろ氏。

 仏教も宗教色が濃すぎるのはいかがなものかと思うが、生きていくためのスパイスくらいなら、自分流にアレンジができるからおもしろい。著書『のんびり、ゆったり、ほどほどに』からの抜粋。

 

 如来像や菩薩像をながめていると不思議と安心するのは、おそらくあの「目」ではないかと思う。

 

 開くでもなく、閉じるでもなく、

 ましてや、まっすぐこちらを見るでもない。

 伏し目がちに、ちょっと先を見つめる視線。

 ほとけさまの半眼は、静かにやさしい。

 

 悟りを開き、この世のすべてをご存知であるはずなのに、

 視線を落とし、こちらに緊張感も威圧感も与えることなく、

 じっと黙され、ただただ、受け身の姿勢であたたかい。

 

 なんびとも、どんなものにも裏も表もあることをご存知だからこそ、あえてどちらも直視しない。

 

 情報過多の世の中なら、なおさらのこと。

 直視すればするほど、心は乱れ、迷いも疑念も生まれる。

 

 明極まれば則ち察に過ぎ、疑い多し(『近思録』より)

 

 なにごとも、あまりに見えすぎると粗が見えて、最初の感動も薄れてゆく。

 月あかりほどの、ほどよい明るさであれば、美しいものは美しく、そうでないものもそれなりに……。

 

 選択肢がありすぎて迷うくらいなら、いっそ、選択肢のないところに身を置くのもいいんじゃない?

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(190817 437回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ