日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > うしろを振り返るのは、正しく歩こうとする姿勢をより正しくするためである

うしろを振り返るのは、正しく歩こうとする姿勢をより正しくするためである

岡部伊都子

 昭和を代表する随筆家、岡部伊都子の言葉。作家人生のほとんどを、随筆という短い文章に残したというから驚きである。その数、133冊。日常のなかにある伝統美をはじめ、自然や伝統芸術、美術などを繊細な筆致で描きつづけた。上品な甘さと辛さのバランスがほどよく、男性ファンも多い。

 

 後ろを振り向かず、前を向いて歩けと人は言う。

 なにごとも前向きに。

 ポジティブにと。

 何かに囚われ、前へ進めない人への進言だろう。

 

 はたして後ろを向くことの意味とはなんだろう。

 京都、永観堂には「みかえり阿弥陀如来」像がある。

 

 その姿勢は、

 自分よりおくれる者たちを待つ。

 自分自身の位置をかえりみる。

 愛や情けをかけ、 思いやり深く周囲をみつめ、 衆生とともに正しく前へ進むためのリーダーの把握 のふりむきなのだそうだ。

 

 人は一人では生きていけない。

 生まれるときも死ぬときも一人ではあるけれど、

 ある日突然、パッと現れ、パッと消えていくわけではない。

 自分という一個の中には、連綿とつづく血脈の、膨大な歴史が詰まっている。

 

 縦と横のつながりで編まれた人の綾が、自分という人間を生み育てた。

 だとすると、自分を知ることは、歴史を知ることであり、新たな歴史を作ることではないか。

 

「なぜうしろをふりかえるかということ、うしろをふりかえって何を思うかということ、そしてそれにどういう批判をくだし、そこからどういう発展や、愛をうむかということ」

 

 うしろを振り向きっぱなしなのは、姿勢としては間違っているけれど、そうせずにはいられないのは、きちんと前を向いて歩こうとする意思があるからであり、そしてまた、自分以外の誰かのためにもなっているのだと、岡部女史の筆が走る。

 

 今を生きるわれわれと同じように、先人たちも前を向くために、後ろを振り向いていたのですね。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(190821 437回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ