日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 自由でいるためには、強くならないこと。風船になりなさい

自由でいるためには、強くならないこと。風船になりなさい

渡辺信之

 合気道本部道場指導部師範、渡辺信之氏の言葉である。88歳の今も現役で指導する傍、整骨院を開業する渡辺師範。「その場所に花があったら花にたとえ、榊があれば榊でたとえる」とその精神を説き、合気道は自由になるための手段だと弟子たちに身をもって伝える。達人たるゆえの境地である。
 
 こうでなければ、こうあらねば・・・。
 日本人は、とかく形にとらわれる。
 
 不自由に身をおけば、自由を求め、
 自由に身をおけば、責任という重圧に押しつぶされそうになる。
 
 誰かや何かの庇護のもとにいれば安心も安全も保証される、という世の中ではないからこそ、先行きへの不安が影となって心身を襲うことになる。
 多くは思いわずらいであるというのに。
 
 もともと、うつろいゆくのがこの世界。
 安心や安全などないに等しい。
 はじめからないと思えば、恐れる必要もない。
 ないものはないのだから、それに対処する術を身につければいい。
 
「空気と遊ぶ。気というのはかたちじゃない。エナジーだよ。合気道というのは、自分のエナジーと相手のエナジー、そして今、この場所のエナジーをもって、空気に絵を描くようなもの」
 
 だから、今この場所で出会ったことを楽しむのだと渡辺師範はいう。
 2度と同じ絵は描けないし、毎回やりかたは変わってゆく。
 今という瞬間は常に変化しつづけているのに、かたちにとらわれていては、かえって身動きがとれなくなってしまう。
 あるがままを受け入れて、自分なりの世界観で空間をつくればいい。
 そのなかに遊ぶことを、自由というのだと。
 
 無為自然であるがゆえ、勝ちもせず負けもしない。
 勝ち負けを超越した、荘子のような世界こそ、自由の境地。
 
― 至人の心を用うることは鏡の如し おくらず迎えず、応じてかくさず 故によくものに勝ちてそこなわれず。
(完璧な人の心は鏡のようなもの。来るものは拒まず、去る者は追わず。すべてに対応しながら、その跡をとどめない。だからどんなものにも対処して傷つくことはない)
 
 流れにさからい、勝とうとすることが、いかに無意味なことか。
 風船のように、ふわっと軽やかにその場に身をゆだねれば、何も恐れることはない。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190425 第401回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

格言・名言集一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ