日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 御先祖になる

御先祖になる

柳田國男

 日本民族学の開拓者、柳田國男の言葉を紹介。著書『先祖の話』の中の一話にこのタイトルを見つけ、一目で釘付けになった。御先祖になる? どういう意味かと文章に目が走った。一族のご先祖様は誰かということも、自分自身もその範疇であるということも、なるほどそうかと腑に落ちる。
 

「御先祖になる」とはどういうことか。

 

 たとえばこういうことだ、と柳田は言う。
 
 たとえばここに体格のしっかりした、
 眼光さわやかで物わかりのよい少年がいたとする。
 あいにく跡取り息子ではない。
 が、そういう子は周囲も捨て置かず激励する。
 今のように早く立派な人になれという代わり、
「精出して学問にはげみ御先祖になりなさい」
 と言って聴かせたのだそうだ。
 
 まだ長兄だけが重んじられ、次男以下の男子は冷や飯を食わされていたころのこと。
 だから次男三男はがんばった。
 家督に依らず、立身出世をめざした。
 明治年間の新華族の半分は、そういう人たちであったという。
 
「生きても死んでも、木というものは立派だ」
 とは、最後の棟梁西岡常一の弟、楢二郎の言である。
 幸田文に、そう語ったそうだ。
 
 どんな良材、強材であろうと木には木の寿命があり、寿命がつきれば死ぬ。
 寿命を使いつくして死んだ木の姿は、生きている木にはない、また別の貴さ、安らかさがあるのだ、と。
 
 楢二郎に死んだ木を見せてもらった幸田文は、生きている木が浮き立ってきたという。
「生きつくしたものを見たら、生きているということが鮮明になった」と。
 
 生きても死んでも立派。
 それが、「御先祖になる」ということではないか。
 
 天から与えられた天命を、生かしつくし生命に変えるのは自分自身。
 その生命を御先祖となって次につなげる。
 
 家族がいてもいなくても、命を生かし本分を全うすれば、気づかぬうちに誰かの生きる指針になるような、尊い御先祖になっているかもしれない。
 そう思えば、ゆめゆめ恥じるような生き方はできない。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190422 第400回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ