日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 老樹と、中年壮年の木と、青年少年の木と、そして幼い木と、すべての階層がこの林では揃って元気なのです。将来の希望を托せる、こういう林が私たちには一番、いい気持ちに眺められる林なんです

老樹と、中年壮年の木と、青年少年の木と、そして幼い木と、すべての階層がこの林では揃って元気なのです。将来の希望を托せる、こういう林が私たちには一番、いい気持ちに眺められる林なんです

『木』より

 樹木に会いに北海道から屋久島まで旅した幸田文の、樹木をめぐる紀行文『木』からの抜粋である。「ひのき」の章にあった。森林を案内してくれた材木業のひとの言葉だった。長年、木とかかわり、森林を見つづけてきたひとの言葉だけに意味深い。

 

「自分の時代を愛していない人がよくあります」

 須賀敦子のエッセイ『現代を愛するということ』は、こうはじまる。

「あのときはこうだった」「昔はよかった」と嘆く人たちへの警鐘だろう。

 

 いい思い出があればあるほど、人はそのときを引きずり、心を置き去りにする。

 そんな人たちに、須賀敦子は「あらゆる世代は、それぞれの時代を愛すべき」という。 

 

 今をおざなりにするのは人間だけ。

 過去にしばられ、未来を憂う。

 他のいきものなら、そんな時間の無駄づかいはしない。

 与えられた場所で、精一杯生きる。

 なんとか生きのびようと、命をつなげることに賢明だろう。

 

 木にもエリートというものがあるらしい。

 エリートの木の条件は、それ一本だけよいのではなく、周りに質のいい木、お供の木が何本も揃っていなくてはならないという。

 樹齢樹勢などいろいろな定めがあることはもちろん、親衛隊のような引き従うものがあってこそのエリートなのだと。

 その大樹を中心としたエリート集団は、人目をひきつけてやまないそうだが、それ以上に魅了する格別の集団があるのだとか。

 

 それが、すべての世代がそろって健全な林。

 老樹も中年壮年も青少年も幼い木も、それぞれがみんな健やかで立ちならぶ林は、将来性があるとのこと。

 木はだれに教えられることもなく、命をつなぐために各世代と手を取り合っているということだ。

 

 家族にしろ、国にしろ、どの世代も元気であれば未来は明るい。

 どの世代も、自分の時代を愛してほしい。

 自分の時代を愛せるような、そんな世の中になってほしい。

 

 自分も元気で周りも元気。

 心おだやかで気持ちよく生きるには、それが一番いいじゃないか。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190428 第402回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

格言・名言集一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ