日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす

ADVERTISING

千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす

宮本武蔵

 宮本武蔵による兵法書『五輪書』の中の至言をひとつ。あまりに有名だから、知っている人も多いはず。伝説のバンド、クイーンのヴォーカル、フレディー・マーキュリーも日本の付き人に『五輪書』のことを訊ねたことがあるらしい。しかし今は、「二刀流」といえば武蔵よりもメジャーリーグの大谷翔平選手の方が、彼の地では知名度はありそうな気がする。
 
 誰もが当たり前のように知っている「継続は力なり」という普遍の真理。
 目標に向かって一歩一歩、歩き続けることが頂にたどり着く唯一の方法。
 
 しかし、そうと分かっていながら、なかなか続かない。
 それはきっと、スタートダッシュでエネルギーを使い果たしてしまったり、周りに気を取られて、焦りから自分のペースを乱してしまったり、頂上を見上げすぎて足下の危険を見落としてしまったり、あるいは本心から求めたものではなかったりと、続かない理由はいくらでも見つかる。
 
 では、続く、続けられる理由はなんだろう。
 世界的有名な「シンデレラ」の話に、そのヒントがある。
 
 人も羨む幸せを手に入れたシンデレラは、あることを心がけていたからだと、テレビショッピングのカリスマディレクター、小枝雅代さんは近著『シンデレラ 幸せを呼び込む7つの習慣 人生を180度変える幸せのメソッド』で語る。
 内容の詳細は分からないが、最も重要なポイントを小枝さんはラジオで紹介していた。
 

 ひとつは、いつも笑顔でいること。
 どんな時も、ご機嫌でいようと努めることだと。
 そしてもう一つ。
「Wish」と「Non Wish」をはっきりさせること。
 つまり、「したい」ことと「したくない」ことを整理する。
 これが整理できるか、できないかで、未来設計図は大きく変わるという。
 
 実はこれ、令和のシンデレラ、大谷翔平選手や大阪なおみ選手などにも共通するメソッドらしい。
 
 宮本武蔵のいう
「千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす」
 を令和風に言い換えれば、
 
「目標を絞り込み、今やるべきことをやり、小さな成功体験を一つ一つ積み重ねていく」
 と、なるだろうか。
 
 笑顔で、前を向いて、目標に向かって一歩一歩、進んでいく。
 そして、疲れた時はゆっくり休んで、心と体にエネルギーを補充する。
 その繰り返しが、唯一無二の「自分」というシンデレラへの道なのだろう。
 
 何かを続けていくには、

 世の中の常識にあてはまらなくても、

 誰かや何かと比べずに、

 自分にとっての喜びや幸せのかたちを、ちゃんと分かっていることが必要なのだ。

 

神谷真理子(本コラム執筆者)公式サイト「ma」

 

●「美しい日本のことば」連載中

 今回は「色なき風」を紹介。

―― 吹き来れば身にもしみける秋風を 色なきものと思ひけるかな(紀友則『古今六帖』)続きは……。

●「日日是食日」連載中

(211019 第756回)

ADVERTISING

本物の真髄(電子版)

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ