人の数だけ物語がある。
ホーム > インタビューブログ【人の数だけ物語がある。】

Weekly Interview

人の数だけ物語があります。本欄では、月3回、インタビュー形式でさまざまな物語を紹介します。

日本人としての誇りを胸に、世界を駆け巡る
Vol.16株式会社マイクロセミコンダクターリサーチ代表山下政治さん
 マンハッタンと日本に自宅とオフィスを持ち、仕事を楽しむ男。世界を股にかけ、自由に生きるサムライの素顔を紹介しよう。心動かされるとき、体も動く山下さんの会社は、半導体の商社と言っていいのでしょうか。 そうですね。半導体とはよく聞く言葉ですが、どういう意味かを理解している人は少ないと思います。鉄は電気
 
好きなことを仕事にできるって本当に幸せなことです。
Vol.15Morgenrot オーナーブーランジェ尾﨑琢也さん
尾崎さん
独立までの道のりパン職人を目指し、お店を持とうと思ったきっかけを教えてください。 中学生の頃から、自分の腕ひとつで商売をすると決めていたので、高校を卒業して製菓の専門学校へ進みました。人の下で働くのも苦手ですし、職人になりたかったんですよね。 最初はパティシエを目指していたのですが、専門学校ではじめ
 
知られざる偉人たちのドラマを映像にしたい。
Vol.14映画監督馬場政宣さん
10年前の2007年、初めてメガホンを取った短編映画『千代のお迎え』が第79回アカデミー外国作品賞の最終10作品に選ばれました。映像制作に魅せられて映画監督になろうと思ったきっかけを教えてください。 きっかけは大学時代の教授との出会いです。 もともと翻訳に興味があって、上智大学の英文科に通っていたん
 
経験をしっかりと自分の糧にすることが大切なんですよね。
Vol.13NPO法人飛山城跡愛護会 理事長菊池孝治さん
菊池さん
飛山城史跡公園菊池さんは飛山城史跡公園でNPO法人飛山城跡愛護会の理事長としてご活躍をされています。栃木県宇都宮市にある飛山城はどういったお城だったのでしょうか。 飛山城は鎌倉時代の後半に芳賀高俊によって築かれたと伝えられています。約300年間も続いたお城なんですよ。豊臣秀吉の命で破却されるまでは芳
 
悩めるニンゲンたちに、ネコの知恵を授けたい。
Vol.12うーにゃん先生
自分の人生の「主人公」になり、「今」に心を傾ける まったくうちの代表も困ったものだ。いきなり「次のインタビューブログは、うーにゃん先生にするから」だなんて。うーにゃん先生って、ネコでしょう? 人の言葉がしゃべれて、禅だかなんだかに詳しいって噂だけど、ネコなんかに話を聞いて、いったいどうしろっていうの
 
Recommend Contents
このページのトップへ