日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 嫌だと感じるものには、何かあるものです。

嫌だと感じるものには、何かあるものです。

まお・みちお

 詩人まど・みちおの言葉を紹介。これまでもいくつか取り上げてきたが、やっぱり100年以上生きた人の言葉は重い。子供の歌をたくさんつくったまどさんの言葉は、大人であって子供以上に平易な言葉が多いものの、しみじみと愛情深く、心に優しい灯りをともしてくれる。見つめる先には、いつも宇宙があったからだろう。
 
 人間にはどうやら嫌なことほど忘れないという、やっかいな機能が備わっているらしい。
 覚えておきたいことは簡単に忘れてしまうのに、である。
 
 詳しいことは脳科学の専門家にゆずるとして、
 なぜそれが嫌なのか。
 何が嫌なのか。
 嫌だと感じる理由を考えてみるのもおもしろい。
 
「いちばん記憶に残るのは匂いです。たまにかくれんぼなんかして、ものかげに隠れるとなんともいえない不思議な匂いがしてね。
 いま考えると、ドクダミの匂いなんです。
 ドクダミの匂いは、嫌でしょう?
 でも私は親しみを感じます。
 嫌だと感じるものには、何かあるものです。
 すべてマイナスというものはありません」
 
 まどさんが生きていたら、今の世の中をどんな目で見つめるだろう。
 
 臭いものに蓋をするのもいい。
 嫌なことから目を反らすのもいい。
 それは、動物の本能だから。
 危険を察知して、体が反応しているのだから。
 
 けれど、コインに裏と表があるように、どんなことにも良い面と悪い面がある。
 嫌なことにも、良い芽がかならず隠れているはず。
 
 村田喜代子の小説『飛族』で、「楽は恐ろしい」と言っていた。
 
 本土に暮らす娘が離島で海女として暮らす母の友人にウエットスーツやフィン、水中呼吸器を買ってあげたいと言うと、彼女は、あんなものは楽がゆえに危険だ、楽な分だけどんどん潜るから深みにはまりやすく、逆に命取りになると言う。
 
 嫌だと感じることには、かならず何かが潜んでいる。
 何かのサインである。
 生命維持には、快も不快も必要不可欠。

 

●「美しい日本のことば」連載中

今回は、「あわい」を紹介。

間と書いて「あわい」。古典読みなら「あはひ」。音の響きからでしょうか。「あいだ」と読むより、やわらかい感じがしませんか。続きは……。

●「日日是食日」連載中

(200326  第494回)

SPONSORED LINK

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ