日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

愛とは想像力

瀬戸内寂聴

 97歳にして現役バリバリの尼僧かつ小説家の瀬戸内寂聴さん。酒豪で肉が大好きだという。悩める女子の心強い味方としても大人気。悩み相談に対し裏表のない直球の言葉が受けているようだ。自身の破天荒ぶりを笑いに変え、厳しい中にも愛ある説教を若い世代に伝え続けている。彼女の言動には賛否両論あるだろう。だとしても、愛の本質はこの言葉どおりだと思う。
 

 想像してほしい。
 目の前にいる人のことを。
 大切な人のことを。
 自分を思い、心配してくれる人のことを。
 
 その人を笑顔にするには、どうすればいい?
 その人はなにを喜ぶ?
 その人が楽しそうにするのはどんなとき? 
 その人の幸せを願うなら、何ができる?

 その人にとって最もいいのは、何をしてあげ、何をしないほうがいいのだろう。
 
 想像してほしい。
 この世に生まれてきた瞬間を。
 母の血にまみれた赤ん坊の自分を、だれが受け止め、だれがきれいにしてくれたのか。
 どんな場所で、どんな人たちが、誕生を見届け、喜んでくれたのか。
 
 今ここに生きているのは偶然じゃない。
 たまたま死ななかっただけ。

 生きる理由があって生きている。
 
 今ここに生きているのは、いろんな愛のおかげ。
 誰かや何かの愛に守られてきたあかし。
 

 その愛に向き合い、応えよう。
 特別なことをする必要はない。
 生きているだけでじゅうぶん愛されているのだから、こんどは自分から愛せばいい。
 
「愛というのは、人を喜ばせること。人のために尽くすことです。それには気持ちの先回りをする。相手は今、何を欲しがっているのかを見抜き、そのことをしてあげる。嫌がることはしない。愛とは想像力です」
 
 静かに目を閉じて、想像してみよう。
 あの人の笑顔、喜ぶ姿。

 きっと、心に変化が起きる。

 自分も笑顔になり、幸せな気分になるにちがいない。

 それがたぶん「愛」だと思う。

 

 さあ、想像力で愛の扉を開こう。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(200307 第622回)

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ