日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 問題に囚われてはいけない、その向こう側を見るんだ

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

問題に囚われてはいけない、その向こう側を見るんだ

『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』より

 1998年に公開された映画『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』の中で、主人公ハンターを目覚めさせるきっかけをつくった天才病の老人アーサーが語ったセリフである。アーサーに「パッチ(傷をなおす)」というニックネームをつけたのがこの人。これを機に、アーサーは「パッチ・アダムス」としてユーモーアによって患者の心を癒してゆく。実際のモデルとなったアダムス氏は、今も現役のクラウンドクターとしてジョークで患者を笑顔にしているそうだ。

 

 人生はいいことばかりじゃない。

 悩みや問題はつきものだ。

 そんなことは、言わなくても誰でもわかる。

 わかっているのに、人間というのはそれを目の前にすると悩み、苦しむ。

 人間だけに与えられた想像力という賜物を、正しく使いこなせていないからだと思う。

 

 人は追い詰められると視野が狭くなる。

 ライトの光だけを追いかける猫のように、一点だけがすべてになってしまう。

 それでは美味しい餌にもありつけないし、反対側の抜け穴にも気づけないだろう。

 

 天才病のアーサーは、指を4本立ててハンターに問う。

「何本に見える?」

「4本です」と、ハンター。

「ちがうちがう、わたしを見るんだ! 指の向こう側を見るんだ! 何本に見える?」

 焦点がずれ、視界がぼやけたハンターは答える。

「8本です」

「8本! 正解だ! 恐れや既成概念で物事を見るんじゃない。人が見ようとしないものを見るんだ。世界を新しい視点で見れば、そこに真実がある」

 

 と、こんなやりとりだったように思う。

 

 問題や悩みに囚われてしまうと、真実は遠ざかる。

 問題や悩みの奥には何が隠れているのか。

 そこに答えはある。

 

 目に見えるものはほんのわずか。

 見えないところにこそ、大きな真実が隠れている。

 

 問題は問題ではなく、悩みも悩みではない。

 想像力という賜物を正しく使えば、問題は楽しみに、悩みは喜びに変わるかもしれない。

 

 まずは焦点をズラしてみよう。

 新しい発見があるはずだ。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(200227 第620回)

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ