日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 人間って「自分がいかにくだらない人間か」ということを思い知ることで、すーっと楽にもなれるんじゃないかな

人間って「自分がいかにくだらない人間か」ということを思い知ることで、すーっと楽にもなれるんじゃないかな

タモリ

 森田一義こと、タモリさんの名言をひとつ。以前にも紹介したことがあった。が、まったくそのときの心境と今の心境がちがうため、紹介するのもちょっとためらう。偉そうなことをつらつらと書き連ねてしまったから。でも、自分のために書いておこう。くだらない人間と思い知るために。

 

 しんどいのは、自分を過大評価しすぎるから。

 心のどこかで、ほんとうはすごい人間なんだと思っているからなんだ。

 きっと、自分も知らない秘められた才能があるんだろう、って。

 少なくとも、わたしはそう思っていた。

 

 いまも思っている、と思う。

 だからこそ、この言葉が響いたのだ。

 

 なにもないのにプライドだけが高くて。

 あっちに手を出し、こっちに手を出し。

 

 少し知恵がついて、上から目線。

 下から見ていた空の青さや、光の輝きも見えなくなって。

 えらく、りっぱになったもんだ。

 

 そんなに「上」はえらいのか。

 そんなに「上」はりっぱなのか。

 

 おーい、わたし。

 おりてこーい。

「わたし」のなかにもどってこーい。

 

 ほんとうは、ちいさい、自分。

 ほんとうは、くだらない、自分。

 

 そんなこと、いちばん「わたし」が知っていたはず。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(200214 第484回)

SPONSORED LINK

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ