日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 人は、命は終わっても、「仕事」は終わらないのである

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

人は、命は終わっても、「仕事」は終わらないのである

関大徹

「はだしの禅僧」、関大徹老師の言葉である。著書『食えなんだら食うな』の最後の章、「死ねなんだら死ぬな」から抜粋した。この著書は、実業家の執行草舟氏が「命の恩人」と言わしめるほど愛してやまない本だったのだが、絶版の憂き目にあっていた。そこを、書店「読書のすすめ」の店長、清水克衛氏の尽力によって復刊。関老師の魂の喝がよみがえったのである。

 

 人は、死を前にして何を思うのだろう。

 死によって、すべてが終わるのだろうか。

 死んだら、楽になるのだろうか。

 

 関大徹老師はいう。

「仏教でいう『いのち』とは『業』である。業というはたらきは永遠につづくいてゆくのである。肉体は亡びても、業のはたらきは、はたらきをやめない。無始無終である」

 

 輪廻転生。

 生まれ変わり。

 はたしてそれがほんとうなら、次はどんな風に生まれ変わるのだろう。

 おそらく、だれしも一生に一度は、そんな風に考えたことがあるのではないだろうか。

 

 少なくとも日本人の多くは、肉体が亡びても魂は生き続け、いつかこの世に生まれ変わると信じているはず。

 

「木を植えた男」という絵本がある。

 人知れず荒野で樹を植えつづけた男の話だ。

 

 男の名は、エルゼアール・ブフィエ。

 妻と子を亡くした彼は、荒野に樹を植えることを思いつく。

 幾度も失敗をくりかえし、およそ30年後、荒野は緑の森によみがえった。

 豊かな森となった場所に訪れる者の誰一人として、そこがかつて荒野だったことを知らない。

 男の存在も、ひとりの男が森をよみがえらせたということも。

 

 年老いた男は死んだ。

 けれど、森は生きて命を育んでいる。

 男の命を受け継ぐように。

 生と死をくり返しながら。

 

 男の肉体は亡びたが、彼の「仕事」は終わってはいない。

 いつか男は、輝きを増して、新たなミッションを手に、ふたたび森に還ってくるだろう。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(200122 第611回)

ADVERTISING

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ