日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 一日に一つでも、爽快だ、愉快だと思えることがあれば、それで「この日、この私は、生きた」と、自ら慰めることができるのではないか

一日に一つでも、爽快だ、愉快だと思えることがあれば、それで「この日、この私は、生きた」と、自ら慰めることができるのではないか

城山三郎

 経済小説の草分け的存在である小説家、城山三郎の言葉を紹介。東京裁判で唯一文官として絞首刑となった元首相、広田弘毅の生涯を描いた小説『落日燃ゆ』を知っている人も多いはず。この言葉は、城山氏の造語「一日一快」を表したものだ。連載コラムまとめた『無所属の時間で生きる』からの抜粋。
 
 「無所属の時間」とは、城山氏いわく「余暇の時間」を指す。
 
 組織に属しているか否かを超え、余暇時間である無所属の時間を、いかに過ごすかで人生はいかようにも変わる、と氏は「あとがき」で述べている。
 
「ふくれ上がった無所属の時間の中に、為すこともなく置いておかれるのか、無所属の時間でどう生き直すのか、どのように生を充実させるか、その辺のところを、いろいろ探ってみたいと思った」
 コラムを書いた動機である。
 
 無所属の時間の使い方は、顔つきにはっきり出るという。
 
 ある商社のトップの話である。
 海外赴任する社員たちに、同行する妻たちと一緒に赴任前の講習を受けてもらった。
 そのときの夫人たちの顔と、数年後に帰国したときの顔が、2通りにくっきり分かれていた。
 一方は、いきいきした顔で、
 もう一方は、締まりのない顔つきになっていた。

 なぜか。
 

 いきいきした顔の夫人たちは、赴任先で現地の料理や民芸、歴史などを学び、その地にとけ込んで暮らしていた。
 締まりない顔の夫人たちは、毎日のようにゴルフや麻雀など、遊びにふけっていたという。
 
 人間、こうまで変わるものかと、その人は驚いたそうだ。
 なるほどと膝を打つ城山氏。
 
「この日、この空の下に在るこの私を、かけがえのないものとして前向きに受け止めていたか、どうか」
 そのことを実感するかしないかで、人生は大別されるのだと合点した。
 
 しかしそれも、四六時中である必要はない。
 一日一快。
 一日を振り返って、ひとつでも爽快、愉快だと思うことがあれば、それでよし。
 
「こうであらねば」を一つひとつ解放して、
「ああ、この日も生きた」と、小さな満足を一つひとつ積み上げていく。
 その積み重ねが、心も体もいきいきと輝かせるのだ。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190714 427回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

格言・名言集一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ