日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 飽きるのは自分の成長が止まっているからだ

飽きるのは自分の成長が止まっているからだ

ニーチェ

 ちょっと前にも紹介した。ニーチェの言葉をもうひとつ。格言、至言の多いニーチェだから、ひっかかる言葉は人それぞれだろう。しかしこの言葉には、どきっとした。飽きっぽい性格には痛い一言である。
 

 ちょっとかじっては、また次へ。
 好奇心旺盛なのか、それとも飽きっぽいのか。
 どんなことも長く続かないと嘆く人は、けっこう多い。
 

 あれもこれもと移り気なのは、性格だと思っていたら、どうやらそうとも言えないらしい。

 哲学者ニーチェはこう分析する。

「飽きるのは自分の成長が止まっているから」と。
 
 人は、なかなか簡単には手に入らないようなものほど欲しくなる。
 ところが、いったん自分のものとなり、時間がたつとつまらないものと感じ始める。
 それは、慣れてしまったから飽きるのではなく、実は、自分の中で変化しないから飽きるのだ、とニーチェは言う。
 
「そのものに対する自分の心が変化しないから飽きるのだ。自分自身が成長しない人ほど飽きやすい。
 人間として成長を続けている人は、自分が常に変わるのだから、同じものを持ち続けても少しも飽きないのだ」
 
 たしかにそのとおり、と思う反面、
 でも、成長したらしたで、もっているもの以上のものを求めることもあるんじゃない?
 と、反論する気持ちもなきにしもあらず…。

 

 成長のあとの新たな欲求は悪いことではない。
 成長もしていないのに、次から次へ新しい何かを求めることをニーチェは戒めるのだ。
 
 三日坊主も、あと一日、とりあえずもう一日と続けていれば、いつのまにか一週間、一ヶ月、一年と積み重なっていく。
 続けていくうちに、続けるための工夫を凝らすようになるだろう。
 

 同じ味では味気ないから、何かを足してみたり、違う角度から見てみたり。
 創意工夫とはそういうもの。
 成長するのはそういうとき。
 
 モノでも人でも、飽きるのはカンタン。
 足るを知れば、成長という富が得られる。
 
 モノはもちろん、自分に飽きたら成長は止まる。
 誰かや何かに期待するより、手にしているものや自分自身に期待してみよう。
 新しい発見にワクワクしますよ。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190711 426回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

格言・名言集一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ