日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 芸術に完成はあり得ない

芸術に完成はあり得ない

奥村土牛

 日本画家、奥村土牛の言葉を紹介しよう。人柄を思わせるような朴訥でやわらかい筆致が特徴の土牛。鳴門の渦潮や那智の滝など、荒々しい自然に対しても、動植物などの生きとし生けるものに対しても、一様にしてそのまなざしは真剣で愛情深い。描く対象にまっすぐ向き合い、そのものの気持ちを捉えることに心血を注いでいたからだろう。まさに魂を描く画家である。
 
「芸術に完成はあり得ない。どこまで大きく未完成で終わるかだ」
 土牛は、未完成で終わることを願った。
 理由は明白である。
 つねに自己の成長を求めていたからだ。 
 
「一本の線をひくにも、そのものの真髄を掴むような線を引きたいと思う」
「自分を知って素直に精進していくより私に道はない」
「できるだけ淡々とがんばるだけ」
「死ぬまで初心を忘れず、拙くとも生きた絵が描きたい」
 
 生前、自分で描いた作品で一番好きな絵は一枚もなかったという土牛。
 現状に満足することはなく、最期までいい絵を描こうと努力しつづけた。
 
 言うまでもなく、完成は終わりである。
 未完成だからこそ、成長しつづけることができる。
 
 完成したものは、それ以上なにをする必要もなく、入り込む余地がない。
 しかし、未完成はちがう。
 物足りなさや危うさはあるものの、どこかほっとするような、人の心をなごませる余裕がある。

 子供のような邪気のない無邪気さこそ、未完成の真髄ではないか。
 
 機械製品よりも手作りのものに温もりがあるように、寸分のくるいもない完璧なものより、多少のゆがみや欠けたところ、足りないところに本来の魅力は隠れている。
 「余白」や「間」に美を感じるのは、そういうことだろう。
 
 芸術に完成がないように、人間にも完成形はない。

 不完全だからこそ、有限なる可能性を秘めているのではないか。
 

 未完成が人を謙虚にさせ、学びつづける原動力になる。

 謙虚に学びつづける姿に、人は魅了されるのだ。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190306 第388回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ