日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 湖に浮かべたボートを漕ぐように、人は後ろ向きに未来へ入っていく

湖に浮かべたボートを漕ぐように、人は後ろ向きに未来へ入っていく

ポール・ヴァレリー

「風立ちぬ、いざ生きめやも」の一節で有名な、フランスの大詩人、ポール・ヴァレリーの言葉を紹介。音楽などの芸術分野にとどまらず、哲学、宗教、歴史など、多彩な領域で才能を発揮した知の巨人であるヴァレリー。詩人としての印象が強いが、発表した作品は100篇にも満たないという。どれだけの才能であったかうかがい知れる。
 
 物事がうまく進んでいるときは、何も恐れずとも、勢いに乗って進んでいくことはできる。 
 しかし、問題は、物事が停滞しているときや、逆風に煽られているとき。
 人は何か、手がかりとなるものを求める。
 一人になることを恐れ、置いてかれないようにと、大船に乗り込んでしまうことがある。
 その大船は、どこからきたのか、どこへ向かうのかもわからなくても、とりあえず、大勢でいれば安心とばかりに。
 
 だれかといても、だれと歩くにしても、歩くのは自分。
 茨の道だろうが、砂利道だろうが、その道を選んだ以上、自分の足で歩かねばならない。
 歩き方を教えてくれるのは、その昔、同じような道を歩いたであろう先人たち。
 後ろを振り返れば、無数の死者たちの足跡が残されているはず。
 
 僕の前に道はない
 僕の後ろに道はできる
 ああ、自然よ
 父よ
 僕を一人立ちさせた広大な父よ
 僕から目を離さないで守ることをせよ
 常に父の気迫を僕に充たせよ
 この遠い道程のため
 この遠い道程のため
 
 高村光太郎の『道程』である。
 自然を父とし、その教えを胸に歩き続けることを歌っている。
 
 歩き続けるために、自然は何を教えているのか。
 死者たちは、われわれにどんな手本を示し、どんな課題を残したのか。
 
 自ら手漕ぎボートを漕ぎ、まっすぐ進むためには、進む方向とは反対側、後ろ向きで漕がねばならない。
 
 過去にこだわるのではない。
 今を生きるために、過去を知るのだ。
 
 まだ見ぬ道をつくるために、後ろに広がる死者たちの道を見つめてみよう。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190225 第385回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

格言・名言集一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ