日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 試験ができる秀才を何千人たばねても、一人のアインシュタインにはならない

試験ができる秀才を何千人たばねても、一人のアインシュタインにはならない

江崎玲於奈

 ノーベル賞受賞者の物理学者、江崎玲於奈氏の言葉だ。ちょっと前に紹介した日本人初のノーベル賞受賞者、湯川秀樹から数えて4人目の人。どちらも日本が生んだ天才である。天才ゆえの言葉だからこそ、説得力がある。
 
 世の中に秀才はごまんといる。
 凡人はそれ以上にいるだろう。
 
 凡人と秀才の違いはなにか。
 おそらく、答えのある勉強ができて点数がとれる人を秀才と呼び、同じようにやっても点数がとれないのが凡人。
 つまり、自頭がいい人は秀才肌なのだろう。
 
 では、秀才と天才をわけるものはなにか。

 アインシュタインは応えている。

 

「天才とは、努力する凡才のことである」
 
 そう、凡人のなかに天才は潜んでいるのだ。
 天才と凡人をわかつのは、努力をするか、しないかだけのこと。
 
 いい点数を取るために勉強したとして、それがいったいどんな役に立つというのか。
 次々と資格を取る「資格マニア」たちのなかに、どれだけそれを活かせている人はいるだろう。
 
 アインシュタインは、好きなことに熱中し、あきらめず夢を追いつづけた。
 湯川秀樹も、子供のころから物理が好き好きでたまらなかった。
 父からは、
「学校の成績のために勉強するのは愚かなこと。好きな学問を深く学べ」
 と諭されていたという。
 江崎玲於奈は、蓄音機との出会いでエジソンに憧れた。
 
 アインシュタインは、こうも言い残している。
「愚者と天才の違いは、天才には限度があるということだ」
 
 天才と馬鹿は紙一重。

 限界というものを知らず、ただひたすら答えのないものを追求してゆく愚かさこそ、天賦の才というもの。
 
 愚かさのなかに才能の芽は眠っている。
 愚かさは承知の上で、恥じることなく、やってみたいこと、心が騒ぐことを追求してみてはいかがだろう。
 新しい発見がきっとあるはず。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190222 第384回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

格言・名言集一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ