日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 終を慎むこと始めの如くなれば、即ち事を敗る無し

終を慎むこと始めの如くなれば、即ち事を敗る無し

老子

『老子』第六十四章の一文である。老子を取り上げれば切りがない。何か大切なことを忘れそうになると『老子』に手が伸びる。すると、ひん曲がって固くなっていた心がゆるりとほぐれるから不思議。
 
 基本的なことほど、人は忘れがちになる。
 だからこそ、何度も繰り返す必要があるのだ。
 
 とりわけ、事をはじめた頃の気持ちは時とともに薄れていくため、意識して基本に戻る必要がある。
 なぜそうしようと思ったのか。
 どこを目指し、何をしたかったのか。
 がむしゃらに突っ走っているときほど、立ち止まって考える。
 
 物事は変化して当然だし、方向性が変わるのも仕方がない。
 でも、そんなときほど自分を見失いそうになるもの。 
 
 事のはじめは誰でも慎重になる。
 ところが、しだいに馴れ合い、注意が散漫になって「なし崩し」ということもよくあること。
 落とし穴にすっぽり落ちてしまうのは、そんなときだろう。
 
 だから老子は言うのだ。
「終を慎むこと始めの如くなれば、即ち事を敗る無し」
 最後まで最初と同じ心持ちで慎重さを忘れなければ、失敗することはないのだと。
  
 全豪テニス決勝戦で、世界の女王に君臨した大坂なおみ選手。
 彼女は「終を慎む」ことを知った人なのにちがいない。
 結果を出せなかった頃とは、あきらかに試合の進め方も終わり方も変わったようだ。
 乱れそうになった心を取り戻し、感謝の言葉でしめくくる。
 
 人は生まれながらにして弱い生きもの。
 強く生き抜くためにも、弱さを抱えていることを忘れてはいけない。

 

「美しい日本のことば」連載中

(190128 第377回)

SPONSORED LINK

Recommend

Topics

格言・名言集一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ