日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 世の中には「すぐにわかるもの」と、「すぐにはわからないもの」の2種類がある。

世の中には「すぐにわかるもの」と、「すぐにはわからないもの」の2種類がある。

『日日是好日』より

 今年、逝去した樹木希林さんの最後の映画「日日是好日」から抜粋。正確には、ベストセラーとなった原作に登場する言葉だ。著者である森下典子さんが、25年以上も習い続けている「お茶」から得た大切なことをまとめたものだ。お茶というのは、本当に奥深いものなのだとあらためて思う。

 

 すぐにわかるもの。
 今日の天気。
 時事ニュース。
 電車の広告。
 流行りの店。
 流行りの音楽。
 流行りの洋服。
 流行りの・・・。
 
 すぐにはわからないもの。
 時の流れ。
 花の咲く頃。
 得たもの。
 失ったもの。
 親の、子の、人の気持ち。
 生と死。
 
 どちらもあげればきりがない。
 
 世の中には「すぐにわかるもの」と「すぐにはわからないもの」の2種類がある。
 けれど、本当に大切なもののありかは、どちらかすぐにわかるだろう。
 
「すぐわかるもの」と「すぐにはわからないもの」。
ー すぐにわかるものは、一度通り過ぎればそれでいい。
  けれど、すぐにわからないものは、何度か行ったり来たりするうちに、後になって少しずつじわりじわりとわかりだし、「別もの」に変わっていく。
 
 本当に大切なものは目に見えず、すぐにはわからない。
 いろんなことがめまぐるしく過ぎてゆくこんな時代だからこそ、じっくり、じっくり、心静かに「すぐにはわからないもの」を感じてみよう。

 

「美しい日本のことば」連載中

(181126 第363回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ