日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩(さと)る

君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩(さと)る

『論語』より

『論語』里仁第四、十六章がこれ。「君子喩於義。小人喩於利」である。孔子の考える、欲望に対する品格を表している。

 

 欲望にはきりがない。

 放っておくと、良くも悪くも我を忘れて貪ってしまう。

 だからといって、欲望そのものが悪いわけではない。

 生きている限り、欲望はつきまとう。

 そもそも生きようとする体の反応自体、欲望そのものなのだから。

 

 本来、悪いものではないはずの欲望が、なぜ悪者になってしまうのか。

 それは、「利」の置き所、取り扱いが難しいからではないか。

 

 お金を稼ぐのが上手い人はたくさんいるが、お金を上手に使える人はそれほどいない。 

 お金の使い方に、その人の品性が表れる。

 品のある人は、むやみやたらに使わないし、かといってケチるわけでもなく、必要なときに必要な分をスマートに使う。

 君子と小人の違いは、品があるかどうかなのだろう。

 

 東洋思想研究家の田口佳史氏の著書『論語の一言』に、欲望には大きく分けて二種類の願望が潜んでいると書いてあった。

 ひとつは、「周りの幸せのために貢献し、自分も悦びに満たされたい」という願望。

 もうひとつは、「自分がいい思いをしたい」という願望。

 前者が「義」で、後者が「利」だと。

 

 人間は弱い生き物だからこそ「利」に負けやすい。

 君子のように「世のため人のため」とはいかなくとも、本当に大切なたった一人のためだけでもいい。

 その人の幸せを願って貢献すれば、それは「義」になる。

「この人のために」はやがて、「多くの人のために」なるはずだ。

(180929 第347回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ