日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 「思いやり」の心が思いやる相手にわかった時は、それはもう「思いやり」にならなくなります

ADVERTISING

「思いやり」の心が思いやる相手にわかった時は、それはもう「思いやり」にならなくなります

平岩弓枝

 作家で脚本家の平岩弓枝さんの言葉を紹介。ある幼稚園が発行している学園長の著書で見つけた。学園長が平岩さんの「思いやりの心」という講演に行ったときに聞き知った言葉らしい。この一文を読んで、思わず息を呑んだ。身の縮む思いがする。
 
―― はたして自分は「思いやり」を相手に気づかれることなく差し出せているだろうか。
  「やってやったんだ」と言わんばかりの態度になってはいないか。
 
 平岩さんの言葉に触れて、自問した。
 
―― あの時、あの人に、あんな風にやったことは、まったくの自己満足だったのではないか。
   振り返ると、そんな場面が多いような気がする。

 

 平岩さんの言葉に当てはめるとしたら、伝わるのはもっと奥の方にある本心ではないか。

 

―― こうすれば振り向いてもらえるはず。いいことをすればいいものが返ってくるはず。

 

 上っ面な思いやりとは裏腹に、奥底に沈んだあさましい想念の方が伝わってしまうのだとしたら……。
 
「思い」は自分のものであって、相手の「思い」とは違って当然。
 それをこちらの勝手でやるのだから、相手にとってはありがた迷惑ということもある。
 にもかかわらず、相手に「思い」をわからせようなど、傲慢にもほどがある。
 本当に相手を思ってやったことは、伝えようとせずとも自然に伝わる。
 それもずいぶん経ってから。
 すぐにわかるものは、それほど大したことではない。
 
 親の愛、人の情、良いも悪いも、時が経たねばわからないことの方が、より深く身に沁みてゆく。
 
「その人に知れずに、その人を心から愛し、心から信頼し、心から身を捨ててまで思ってやる、そんな気持ちを『思いやり』というのでしょう。あくまで思っている人に悟られないこと」
 
 という平岩さんの講演に、学園長はいたく感動したのだそうだ。
 
 自己主張があふれる今の世の中で、こんな奥ゆかしい 「思いやり」に触れあうことができたら、どんなに感動し、どんなに幸福に包まれることだろう。

 

 どうやらこの世界は、人知れず「思い」をやり通せる人の思いの方が、必ず誰かに伝わり深く根付いていくようだ。

 

神谷真理子(本コラム執筆者)公式サイト「ma」

 

●「美しい日本のことば」連載中

 今回は「しろかね」を紹介。

―― 銀も金も玉も 何せむに まされる宝 子にしかめやも(『万葉集』より)。山上憶良のこの歌で「銀」を「しろかね」と呼ぶのだと知った人も多いのではないでしょうか。続きは……。

●「日日是食日」連載中

(22014 第773回)

ADVERTISING

本物の真髄(電子版)

Recommend

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ