日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

すぐに得たものは、すぐに失われる
格言という立派なものではなく、ただ私(高久)がつねづね思っていること。とかく効率よく何かを得ようという風潮が強い。ジャズ喫茶「ベイシー」の菅原正二氏は、30年もたないものは「物」ではないと断言しているが、彼のものさしにかかれば、いまあるもののほとんどは物ではないということか。コン
智に働けば角がたつ、情に棹させば流される、意地を通せば窮屈だ
夏目漱石
夏目漱石『草枕』の一節。なるほどうまいこと言う。つまり、相対的な計らいがあるうちは、すべてうまくいかず、心の自由は得られないということ。では、どうするか?禅で言う「放下着」だろう(ほうげじゃく、と読む)。下着を放り投げるという意味ではない(笑)。この場合の「着」は強調しているだけ
伝統とは形を継承することを言わず、その魂を、その精神を継承することを言う
嘉納治五郎
柔道の創始者・嘉納治五郎師範の言葉。この言葉の意味は重い。なぜなら、日本は世界一歴史の長い国であるだけに、伝統と名のつくものがたくさんある。その伝統にどのように向き合い、どのように継いでいくのか。その本質が問われている。山下泰裕氏は、ブルー柔道着が採用されることになった時、日本中
大死一番絶後再蘇
だいしいちばんぜつごにふたたびよみがえる、と読む。勝負の世界で突き抜けた実績を残した人の多くは、このことを言う。つまり、勝ち負けを超えたところで自分の力を出し切ること。勝ち負けは相手があってこその話。そのレベルにいては、ほんとうの力は出し切れない。ある意味、負けてもいいと思う。勝

SPONSORED LINK

Recommend

Recommend Contents
このページのトップへ