日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】

Introduction

いつの時代にも通用する、普遍的な言葉があります。それぞれの時代を懸命に生き、
一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続ける言葉の数々。
“心の栄養”として、活用してください。(テキスト/神谷 真理子)

Maxim Topics

みんなで走ってきたからこそ、今の自分がある。
羽生 善治
羽生善治氏は、言わずとしれた現代の名棋士。中学生で棋士デビューして以来、緻密な戦略と常識にとらわれない大胆な指し手で多くのタイトルを手中に収め、やがて「天才」の名を冠して呼ばれるようになる。羽生氏の世代には他にも傑出した棋士が多く、今日まで語り継がれる名勝負をたくさん繰り広げてきた。ともに戦ってきた
 
生きることは、昨日の自分に一歩つけ加えて新しい何かを今日見つけること。
小倉遊亀
小倉遊亀は女性として初めて日本美術院の同人となった画家。105歳の長寿をまっとうするまでの間、熱心に作品制作に打ち込んだ。一歩一歩、少しずつ階段を上るように絵の道に精進した遊亀は、80代を超えてなお、制作意欲が盛んだった。奈良薬師寺に奉納した歴史肖像画三部作をはじめ大作に挑んだ晩年の遊亀には、生涯現
 
人を用ゆる道は、その長所を取りて短所はかまわぬことなり
新井 白石
 人を使うときは、長所を見て短所は気にしないことである。 我々はどうしても人の足りないところ、欠けているところに目が向いてしまいがちだが、そもそも完璧な人間などいるはずがない。 それならば、その人が持っている良いところだけを見るようにしたいもの。短所ではなく長所で評価することで、その人も存分に才能を
 
一隅を照す。これ則ち国宝なり。
最澄
「世の中で自分の役割をしっかり果たすことができる人物こそが、国の宝である」という最澄の名言。一人ひとりがそれぞれの持ち場を守り、ていねいに仕事に打ち込むこと。そうした一つの灯が多く集まることで、国全体を明るく照らすことができるのだろう。たとえ微力であっても、誰かの役に立てるよう心がけていきたいもので
 
いのちを惜しむことなかれ いのちを惜しまざることなかれ
道元
命をかけるほどの覚悟がなければ、ことにあたっても中途半端。しかし命を軽んじるような人間に、大事は果たせない。己の限界をきちんと把握しながら、その限界まで必死に挑戦する。そんな不退転の決意が感じられる一言ではないだろうか。人の生活、すべてが修行であると説き、ひたすら座禅に打ち込んだ道元の言葉である。(
 
革新は、実はたわいのない夢を大切にすることから生まれる。
井深大
井深大は盛田昭夫とともにソニーを創業し、日本の電子産業を牽引した一人。井深は若い頃から、既成概念にとらわれない奇抜な発明で周囲を驚かせていたそうだ。現実や現在ではなく、夢や未来を志向し続けた井深大。彼には有名なエピソードがたくさんあるが、この一言こそが彼の信念を的確に言い表しているように思う。小さな
 
Recommend Contents
このページのトップへ